fc2ブログ

石岡のおまつり(8)-供奉行列

 総社宮境内より神輿が町へ繰り出します。これは神輿を囲むように供奉(ぐぶ)行列という隊列を組んで進みます。
多くの見物客は街中に入ると幌獅子や山車に囲まれるためあまり行列がどのように組まれているかはわからないくらいです。

実際は
「富田のささら」-「露祓獅子」-「祭太鼓」-「真榊」-「猿田彦」-「社銘旗」-「比礼鉾」「祭礼委員会」-「四神旗」-「氏子会長」-「錦旗」-「唐櫃(からびつ)」-「神輿」-「巫女」-「宮司」-「神官-「前駆」-「氏子」「年番役員」-幌獅子(年番順)となっているそうです。

しかし、富田のささらはいち早く駆けて行ってしまいます。(詳細は前回行いました)

gyouretsu01.jpg

猿田彦と社銘旗。猿田彦はどこでも天狗ですね。神話に出てくる案内役です。

gyouretsu02.jpg

四神旗や祭礼委員会、氏子会長などの列

gyouretsu03.jpg

gyouretsu04.jpg

氏子や役員代表の人達

gyouretsu05.jpg

巫女、宮司、神官の列

gyouretsu06.jpg

唐櫃(からびつ)です。神輿のすぐ前を行きます。

taiko.jpg

総社宮の太鼓の台座にも神輿と同じく菊のご紋がついています。

また次をお楽しみに。
 

石岡のおまつり | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/09/03 18:47
コメント

管理者のみに表示