fc2ブログ

石岡のおまつり(17)-還幸祭(1)

 お祭りの3日目(最終日)は還幸祭(かんこうさい)といいます。
初日に常陸国総社宮よりその年の年番(今年は土橋町)の御仮屋へやってきた御霊がまた神輿に乗って総社へ還る祭りです。

写真を撮ったのは3年前? 年番は香丸町でした。

 kankousai03.jpg

午後2時に近付くと、人々がその年番に設置された仮の神社(鳥居も設置します)にお参りにし、祭典の始まるのを待ちます。

kankousai02.jpg

宮司、神主さんたちのお祓いが済むと、三匹の獅子(富田のささら)がやってきます。
狭いですから、ささらも車から降りて歩いて祭壇に向かいます。
「ささら」は人がかぶっているのではなく、棒にさして手で持っています。
これが棒ささらで茨城県独特のようです。
棒ささらの特徴は、棒を太鼓の音に合わせてくるりと1回転できることで、独特の動きに見えます。

kankousai04.jpg

本神輿を通りにだして、飾り付けをとりつけ、確認をします。

kankousai05.jpg

いよいよ年番町から総社に向かって供奉(くぶ)行列が出発です。御仮屋を出るのを「出御」といいます。
総社に戻ることを「還御」といいます。

行列の並ぶ順番は初日と同じです。
この行列を見ていると、この石岡は平家の都を懐かしんでいるように見えて仕方がありません。
これも伝統ですから、神事はいつまでも大切にしていきたいですね。

kankousai07.jpg

さあ神輿ですが、基本的には行列で並ぶ順番が決まっているのですが、担いでいると守ってなんかいられないようです。
ワッショイワッショイ練り歩けば、順番なんか守れないですよね。
これから2時間街中を練り歩いて、総社に着くのは4時頃です。

kankousai06.jpg

供奉行列が行ってしまいましたが、ご覧のような人波で、赤い傘が見えるだけです。

次は還御の様子をお伝えします。
 
 

石岡のおまつり | コメント(2) | トラックバック(0) | 2011/09/11 07:04
コメント
No title
おはようございます。
伝統を守ることと言うのは、やはり伝統を知ることですよね。今回Romanさんの記事でずいぶん知ることができました。あと実際に祭りでその伝統に触れることですね。いつかまた行きたいと思います。ちなみに今年は横浜に墓参りが決まってますのでいけません。すいません。
Re: No title
troyさん
おはようございます。
> 今回Romanさんの記事でずいぶん知ることができました。
ありがとうございます。目的は半分達成です。

>いつかまた行きたいと思います。ちなみに今年は横浜に墓参りが決まってますのでいけません。
私も今年は夜だけしか見れそうもないです。
近くても去年もちょこっとしか行きませんでした。
また、都合がつく年においで下さい。

管理者のみに表示