FC2ブログ

太田三楽という武将を知っていますか?

 今日は日曜日、午前中に応援している風の会の機関誌の印刷、製本の手伝いをしました。
もっとこれだけの内容の濃い会報を毎月出しているのはすごいことだと思うのですが、この地方で受け入れられることが乏しいのはもったいないことです。
さて、今日のタイトルに書いた太田三楽斎資正(すけまさ)という武将を聞いたことがありますか?
この石岡の地に墓もあるのだが地元ではほとんど話題に上ることがない。
それなのに全国には多くの熱狂的なファンがいる。まあ埋もれた人物であろうか。
太田道灌の曾孫で岩槻(岩付)城の城主である戦国武将として名前が知れているが、石岡の片野城の城主として間もなく入道となり、三楽斎を名乗る。
また手這坂の戦いで小田氏治を破った人物であり、はじめて軍用犬を使ったことで知られる。
軍用犬は岩槻城に近い松山城の二か所に犬を飼いならし、片方の城が攻められたときにいち早く犬を放ってもう一方の城の味方に知らせたという。
しかし、自分の城を子供に奪われ、佐竹氏に乞われて府中城と小田城との要の位置の前線で活躍している。
府中城が佐竹氏に攻められた際には、応援の要請には応えず、手出しをしなかったようである。
これは府中の大掾氏とも姻戚関係を結んでもいたことも関係したであろう。
また、落城した後の城をこの太田三楽にあずける話もあったようである。
しかし、この三楽を語る時に岩槻がでてきても石岡や片野、柿岡などがほとんど語られないのは何故なのだろうか。
最後まで上杉謙信への忠臣を貫き、謙信の死後直江兼続も高く評価していた知将して知られ、晩年には豊臣秀吉からは天下一の名将が、一国をとれないのは不思議だと言わせたともいう。
孤独な生涯を送ったともいわれ、また最後まで岩槻を奪還する野心を捨てなかったといわれています。
しかし一度石岡の片野の地を訪れ、城跡とお墓を探してみてください。
P1020008s.jpg
ひっそりと山の中に眠る墓は春には桜の花が舞い、ウグイスが鳴くのどかな場所にあります。
P1020012s.jpg
戦国時代を戦い抜いた一人の武将も44歳の働き盛りからこの地で戦に明け暮れ、秀吉の天下統一の8年後に69歳でなくなるまでこの片野の地にいたのは確かなのです。最後は静かな境地になっていたのではないかと思わされたのです。
地元の方に聞いてもほとんど知られていないようです。しかし、全国的にもファンが多くいるのですから近いうちに見直される時が来るように感じています。
地元には「片野排禍ばやし」(三楽が地元の禍を取り除くために始めたとされる)を一度見てみませんか。
「片野排禍ばやし」は7月の第3または第4日曜日と10月の第3日曜に地元の八坂神社のお祭りとして行われています。

八郷地区 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2010/10/03 17:06
コメント
はじめまして。
いつもブログ・HP拝見させていただいています。

先日、石岡の市役所に行きましたら、三村の遺跡のミニ展示をやってました。

17日までのようですが(休みの日も見れるようです)、ご覧になられました?
コメントありがとうございます。
> はじめまして。
> いつもブログ・HP拝見させていただいています。
>
> 先日、石岡の市役所に行きましたら、三村の遺跡のミニ展示をやってました。
>
> 17日までのようですが(休みの日も見れるようです)、ご覧になられました?

ブログを読んでいただきありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。
早速、市役所へ行ってきました。小さな展示でしたが面白かったです。
三村の下の宮遺跡を知りませんでした。近くに古墳もあったと聞いていますが。
三村常春の五輪塔を探して近くをうろうろしたことがあります。
また、私のブログでも紹介させていただきたいと思います。
おはようございます
過去の記事を見させてもらったら大田三楽斎のことが書いてあったので読ませてもらいました。PHP文庫の佐竹義重を読んでいたらその名に出合いとても興味を持ちました。あまり知られてない武将ですがとてもすごい人だと思います。もっと多くの人がその人を知ればと思います。
Re: おはようございます
Troyさま
私の前の記事まで読んでいただき光栄です。
記事に書きましたように、こんな片田舎に城跡と墓があるのですが、
探すのも苦労しそうな場所です。風土記の丘からは近いです。
興味がおありになればいかれて見ても良いでしょう。
場所は私のHPに入れてあります。
http://www.rekishinosato.com/kakiokajyou.htm
今度の日曜日(7/17)にこの三楽斎が始めたとする地元の排禍ばやし
があると思います。その次の日曜は柿岡のお祭りです。
また行方にある西蓮寺ではその裏山で今週末、2万本の山ユリが咲く山で山ゆり祭りが
あります(300円)。こちらは週末イベントは東京からのはとバスまでくるとか。
7月8月はおまつり、イベントが毎週どこかでありますね。

管理者のみに表示