FC2ブログ

徳蔵寺(徳蔵大師)-弘法大師の寺

 さて、笠間城の歴史に書いたのですが、笠間城が築かれる前の佐白山には正福寺という寺があり百坊といわれる僧兵がいました。
そして七会村の徳蔵寺(とくぞうじ)の三百坊といわれる僧兵と勢力争いを繰り返していたといいます。
その徳蔵寺が今回紹介する寺です。

 この徳蔵寺は弘法大師ゆかりの寺で、四国八十八霊場と強い関係がある。
このため、阿波山上神社のある「阿波山」とこの寺のある「徳蔵(とくら)」を結ぶ「阿波山-徳蔵線」とあるのでそこに何かあるかもしれないと、前に行こうとして道に迷いましたが、笠間から39号線を使うとすんなり行けました。
そして、その帰りに阿波山を目指したら、この阿波山線は途中から山の中を抜ける結構狭い道を通ります。
阿波山には見覚えのある道に出て辿りつきましたが、この道は、きっと昔ここに住み着いた人々が歩いた道なのでしょうね。
(私は基本的にカーナビは使いません)

tokura01.jpg

徳蔵寺の入口には「徳蔵大師(とくらだいし)」の石柱と「僧兵と八岐大蛇伝説の里のハイキングコース」の案内板がありました。
杉並木の参道が真っすぐにのびています。

tokura02.jpg

この参道の正面に「弘法大師霊場」と書かれた「大師堂」があり、内部には弘法大師像が安置されています。
またこの弘法大師像は県の文化財に指定されているそうです。

tokura03.jpg

狛犬と大師堂。とても姿の良いお堂です。

tokura04.jpg

この徳蔵寺は元々平安時代に弘法大師により八岐大蛇伝説の山「八瓶山」の麓に建てられたと伝えら、兵火にあい、大泳二年(1522年)に空法上人が現在の地に再建したとされています。
もともと大きな寺で300人もの僧が修行しており、笠間との縄張り争いが時々起きていたのです。

tokura05.jpg

大師堂脇に立つ六地蔵。

tokura06.jpg

大師堂の反対側のわきには「御砂踏場」と書かれた場所があり、足型の下に四国八十八個所霊場の砂を集めて埋めてあるそうです。
この砂の上に立って「南無大師遍照金剛」と唱えると八十八か所をお参りしたことになると書かれています。
もちろん私も上にのって声に出してみました。
四国も数か所回りましたが、とても八十八か所はいけないので・・・・。
しかし、お遍路さんの苦労がこんなに簡単に得られてしまうとも思われません。

tokura07.jpg

大師堂から少し下がって東側に徳蔵寺がありますが、こちらは最近「開運花の寺」として人気が出ているようです。

tokura08.jpg

こちらにも少し新しい六地蔵様があります。

tokura09.jpg

花の寺巡りはこのようなスタンプ台が置かれていて、8か所全部回ってスタンプを押したら何かプレゼントがあるようですよ。
この寺の花は「芍薬=シャクヤク」ですね。

tokura10.jpg

山深い感じで雰囲気の良いお寺でした。お近くに行かれたらお立ち寄りください。

tokura11.jpg

8か所のうち半分ほど回りましたのでまた紹介しましょう。
このような試みも行ったことのないお寺が身近に感じられてよいと思いました。
結構雰囲気の良いお寺さんばかりです。



これからは毎朝1回の更新とします。
 
  

城里町 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2011/09/27 06:35
コメント
こんにちは~
すっかり秋めいてきましたネ・ 石岡八郷から笠間市、城里町、大子と 色々な情報 嬉しいです。通ってはいるものの 知らない事にビックリです・・ 花の寺、スタンプラリーやってみたいです(*^▽^*)県内にも沢山の花の寺が有ったのですね・ 昨日、出雲大社西側の山中にお猿さんが出没したらしいデスねよ!
Re: こんにちは~
みーさん
こんにちは。コメントうれしいで~す。

> 花の寺、スタンプラリーやってみたいです(*^▽^*)
これ結構いいですよ。その花の時期もいいのですが、一度言っておくとまた行きたくなるかも。
「東国花の100ケ寺」なんてものもありますね。

> 昨日、出雲大社西側の山中にお猿さんが出没したらしいデスねよ!
知らなかったです。この辺りにもいるんですね。
昔、金華山で野生の猿と目を合わせて襲われたことがあり、猿の顔を見れません!。(笑)

管理者のみに表示