fc2ブログ

イベント広場の変遷(1)

 私の家の近くですが、石岡市のイベント広場という空き地があります。
すぐ前が市立図書館で、石岡のおまつりには無料駐車場として沢山の車がやってきました。
また、商工祭やバザーなど各種イベントを行っています。
私は何故このような大きな空地(2万7千m2)が存在するのかわかりませんでした。
私の記憶では、一時郵便局が建て替え工事中に仮の庁舎が建てられていたことくらいしかありません。
最近、この場所に市が図書館の新設を含めた複合文化施設の建設を計画していることを知りました。
市町村合併の時の合併特別債を活用しての計画となっていましたが、予算の関係でなかなかできないようです。
まずはトンネル、スマートインターチェンジ、道路建設(5路線)などにまず使われているようです。
この施設の建設予算は20億円。
このうち特例債で18億8千万円を見込んでおり、市の財政も税収減で火の車。
特例債の期限は2015年まで。はたしてどうなるのか・・・・。
市議会の答弁書などをみると、図書館の新築と駐車場の整備だけで予算の80~90%位はかかる計算で、とても文化ホール、美術館、博物館などはできないと試算しているようですので、これもまた絵に描いた餅で終わるのかもしれませんね。地元の高校生などの要望には「国分寺の七重塔の復元を」などということも出ていたと思います。
建設するなら、他所から人を引き寄せられるものを造るべきでしょう。
 さて、このイベント広場の空地の前進を御存知でしたか?
地元の方は「ああ昔、神栄という製糸会社の工場があったところでしょ」という。
そこで、少し欲を出して少し調べてみることにしました。
詳しくはまだ分かりませんがここにも石岡や日本の近代化の縮図があるようです。
 石岡は昔醸造の町といわれてきました。そして製糸業も盛んであったともいわれています。
しかし、製糸業は近代まで続いていたためか、石岡の歴史書などにはほんの少ししか書かれていません。
でも地元の年配者にお話を伺うと、皆さん口をそろえて「昔この辺りは絹街道といわれそれは活気があって大変賑やかだった」といわれます。いったいどこへ消えてしまったのでしょうか?
 ところで、石岡出身の洋画家「熊岡美彦」という画家を御存知でしょうか?
郷里の誇れる芸術家といえます。
大正から昭和初期に日本の洋画界をリードし多くの後進を指導してきた美術界の貢献者です。
この美彦(よしひこ)氏は熊岡製糸(石岡では当時石岡製糸と並び大きかった)の次男として生まれ、石岡小学校から土浦中学校(現土浦一高)から東京美術学校(現東京芸大)へ進みます。
この画家の話はまたの機会にして、今回はこの熊岡製糸の工場がこのイベント広場の場所にあったのです。
しかし、明治後期から大正になる頃は製糸業は日本の近代化への国策もありどんどん大型化していきます。
石岡にも大規模な製糸産業が進出してきます。
そして、明治末頃に生糸が大暴落し、この石岡製糸も熊岡製糸も操業を中止していきました。
少し長くなりましたので続きは明日書きます。

製糸産業 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/10/18 19:33
コメント

管理者のみに表示