fc2ブログ

茨城の県名(4)-万葉の頃

茨城の県名の話-その4 です。 

 最初の茨城県の始まった時はまだ、今の茨城県は水戸より北が「茨城県」それより南は「新治県」(にいはりけん)に分かれていました(その他印旛県もありましたが少し話から外します)

テーマの県名から外れそうですが、今日は先にこの新治について考えていきたいと思います。

何を書くかはっきり決めずに、書きながら考えていくのも楽しそうなので、寄り道しながら行きましょう。
まあ急ぐわけでもないので、のんびりやって行こうかと思います。

○ 今日の旅 花か紅葉か 知らないけれど 風に吹かれて ゆくわいな(扇歌)


 さて、平成の大合併などで、新たな市町村や郡が誕生した時に、好きな名前にしてしまうと歴史的な継続性が断たれてしまい、後世の人が何だか分からなくなってしまうようです。

小川、美野里、玉里を合わせて「小美玉市」になったり、石岡の旧八郷町も8つの町村が合併してできた名前ですね。その前にあった名前は地名としてほとんど残っているのでまだ考えやすいのですが、前の名前が無くなったり、または別な場所で同じ名前が使われたりしたら混乱しますよね。

今日の話の「新治」はまさに後者になります。「茨城」についても似たところがありますのでまた後から考えましょう。

まあ新しい名前も、時間がたてば、そこに生活しておられる方にとっては馴染みもできるし、名前にも愛着がわいてきますので良いのですが、昔からの継続性がないので、とても理解しにくくなってしまいます。

今日6号国道の石岡から恋瀬川を渡ったすぐ先のかすみがうら市西野寺(子安神社の近く)に「新治小学校」という文字が目に飛び込んできました。
「そうだここも新治なんだ」とおもわずつぶやいてしまいました。

ではここから万葉の時代に遡って見ましょう。常陸国風土記が編纂された頃です。
 
まずはこの話からスタートしましょう。

tsukuba00.jpg
国府(石岡)の表川(恋瀬川)からの霊峰筑波山 : 万葉の頃はこの方角から山に登っていた。

この頃の登山道についてはこのブログでも筑波古道の府中街道で紹介しています。
今の筑波や土浦方面からの古道はもう少し後からの道で、特に徳川幕府から庇護を受けてさかえた筑波参道はもっとずっと後です。
瀬戸井街道なども紹介しました。全てがつながってきます。

ではまず、万葉集に歌われた歌の碑がいくつか筑波山神社の近くにありますので、紹介しましょう。

uta01.jpg
(占部広方:橘の花の下を吹く風の香ぐはしい筑波の山を、恋いこがれないでいられようか。)

uta02.jpg
(丹比真人国人:東の国に高い山はたくさんあるが、中でもとりわけ、男神と女神のいます貴い山で二つの嶺が並び立つさまが心を引きつける山と、神代の昔から人が言い伝え、春ごとに国見の行なわれてきた筑波の山よ。それなのに今はまだ冬でその時期でないからと国見をしないで行ってしまったら、これまで以上に恋しくおもわれるだろうと、雪解けのぬかるんだ山道を苦労しながら、私はやっと今この頂きまで登ってきました。)

uta03.jpg
(丹比真人国人:名高い筑波の嶺をよそ目にばかり見ていられなくて、雪解けの道に足をとられながら、やっと今このいただきまでたどりついた)

どうですか、万葉の頃この筑波山が恋の山として奈良の都に認知されていたことがわかりますね。
少し、その気分を味わっていただけたでしょうか。

 もう一つ、以前に志筑の長興寺裏の田圃の中にある万葉歌碑を紹介したことがありました。
tai00.jpg
(かすみがうら市志筑にある「師付の田井」)

万葉の時代(719年頃)常陸国の国司として常陸国府(石岡)の地にやってきていた藤原宇合(うまかい)の部下であったと思われる高橋虫麻呂は、筑波山に登って数多くの歌を読んでいます。
常陸国風土記もこの二人によってまとめられたのではないかと言われています。とても文体がすばらしいのです。

「万葉集(第九-1757)
草枕、 旅の憂いを 慰もる事もあらんと 筑波嶺に 登りて見れば尾花散る、 師付の田井に雁がねも 寒く来鳴きぬ。 
新治の鳥羽の淡海(あふみ)も秋風に 白波立ちぬ。筑波嶺のよけくを見れば長き日(け)に、おもひ積み来し憂いはやみぬ。

(旅の悲しみを慰めることもあろうかと、筑波山に登って、登ってきた常陸国府側を見下ろすと、こんこんとわき出でるきれいな泉のある師付の田井(田圃)には、尾花(ススキ)の穂が風にキラキラひかりその上を雁が寒々と渡っていく。
一方、目を反対側に移すと新治(ニイハリ)の鳥羽の海のようになった広い淡海には秋風で白波が立っている。
こうして筑波山の美しい景色を見ていると、長い間思い悩んできた憂えも止んでしまうようだ。)

というような意味だと思いますが、今でもその山の上からの景色が目に浮かぶように思えます。

 さあ、今でもこの山や川に流れている風は昔と変わらないのですが、今とは大分違っていたこともあったのでしょう。
特に、この「新治の鳥羽の淡海(あふみ)」と言われる場所は、筑波山の西にあたる小貝川(この名前も私は蚕飼川が元の名前だと思っています)の上流で、下妻市の常総線の騰波ノ江(とばのえ)駅辺りだといわれています。

この辺りは今は大きな湖はありませんが、当時は豊かに水をたたえていたのでしょう。

このように地名として残っているとありがたいですね。


(騰波ノ江)

万葉の奈良時代にはこの辺りが新治だったのです。筑波山の西側一帯ですね。

ところが、今の人達は新治郡とは筑波山の東側一帯のイメージです。
ですから、まったく昔の話を読んでもチンプンカンプンになってしまいます。

一体どうしてこういうことになったのでしょうか。

この続きは長くなりましたので、明日にします。その前に、もう一つ新治が出てくる有名な歌があります。

それは古事記に出てくるヤマトタケルが東征を成し遂げて甲斐に越えて、酒折ノ宮で詠んだ歌です。

「新治 筑波を過ぎて幾夜か寝つる」:新治・筑波を出てから幾日寝たことだろう。

(ここでは返しの歌で九夜十日となっています。)

さて、このヤマトタケルは第12代景行天皇の第二皇子ということですので、天皇のサバ読み年齢を加味すると4世紀前半の頃(320~330年頃?)でしょう。

上の万葉の頃(常陸国風土記の編纂時期)より恐らく400年くらい前のことになります。
この「筑波・新治」と万葉集に出てくる新治は、万葉の頃の新治と同じでしょうか?

これもまた次回にでも考えてみましょう。

この続きは(5)へ 

昨夜別の記事(馬頭広重美術館)を入れていますので、そちらも見てくださいね。(この記事の下です ↓)

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

茨城の県名 | コメント(8) | トラックバック(0) | 2011/10/23 10:36
コメント
こんにちは
茨城県名、由来の話しから県西地区の方まで範囲が広まって凄いですね・読んでて楽しいです。 とばのえ駅と言えば 下妻物語のロケ地でしたよね。
Re: こんにちは
みーさん
こんにちは。
> 茨城県名、由来の話しから県西地区の方まで範囲が広まって凄いですね
最初はこんな方向に行くとは思っていなかったのですが、これもブログでの
やり取りの影響ですね。楽しければいいですよね。

> とばのえ駅と言えば 下妻物語のロケ地でしたよね。
・・・そうでしたか。知らなかったです。
No title
こんにちは。
筑波山を眺めながら歌われた歌、素敵な歌ですね。
万葉の時代、人々はさまざまなことを思いながら、歌を歌われていたのですね。
素晴らしいですね。
No title
こんにちは。地名の話は読んでいて楽しいですねいろいろ想像できて。実は私の父は水戸線新治駅の近くなんです。なんで今の新治と違うところに同じ地名があるんだろうと思いました。明日はその辺の話ですか。楽しみです。
Re: No title
ふみりんさん
こんにちは。

この頃は登るのも大変だったと思いますが、奈良の都では東国に
素晴らしい男女の頂を持つ山があると評判になったようです。
そして男女で歌を読みあってカップル選びをしたらしいですね。
歌垣などの行事が行なわれたのですね。
男女の恋の歌が多いのもそのためでしょうね。
皆が来て登ったとも思われませんので、噂を聞いて思い浮かべながら
詠んだ歌も多いのではないでしょうか。

その当時のことを少し想い描く助けとなればうれしいです。
コメントありがとうございます。
Re: No title
troyさん
そうですか。
水戸線に乗らないので駅の名前になっていること気がつかなかった。
ここは昔の協和町ですよね。ありがとうございます。
あまり期待しないでくださいね。
調べる時間が足りないので、間違ったら教えて!
協和の
新治と言えば 小栗判官まつりが有りますが 何か関係有るのでしょうか?ちょっぴり疑問に思いました。
Re: 協和の
みーさん
こんばんは。
この祭り知りませんでした。
時代的には格好を見ても鎌倉・室町・戦国の時代ですね。
常陸平氏の一族で小栗氏がいるので関係があるみたいですね。
いろいろなお祭りができているのですね。(平成にできたみたい)
全く知らない話で、後で調べてみたいですね。

管理者のみに表示