fc2ブログ

馬頭広重美術館

茨城の県名についてのお話の途中ですが、今日出かけたことの話題を間に挟みます。

 今日は朝は大雨が降っていましたが、出かける用事があり早めに家を出て、途中で栃木県の那珂川町に行ってきました。

「馬頭広重美術館」に立ち寄りました。
歌川広重の版画(東海道五十三次など)を展示するために13~14年前に建てられたものです。

hirosige05.jpg

この美術館の建物は素晴らしい設計です。
隈研吾氏の設計によるもので切妻屋根の平屋の建物は落ち着いた景観が素敵です。
天井や壁のルーバー式の板には八溝山の杉を使い、床は芦野石、壁には烏山和紙が使われているそうです。
栃木にこだわって作られているのがわかります。

hirosige01.jpg

中庭は竹をうまく使って、裏の乾徳寺の山の風情ともうまくマッチしていました。

hirosige02.jpg

本当に石岡にもこんなものが欲しい。ゆったりと落ち着く空間は素晴らしいです。
維持管理していくのは大変でしょうが、このようなものが町の中心にあるのは素晴らしいですね。

hirosige03.jpg

この建物は平成7年の阪神淡路大震災にあわれた栃木県現さくら市に生まれた青木藤作氏のコレクション(歌川広重の版画・版木(東海道五十三次など))の寄贈を受けて建てられたものだそうです。

美術館の方に確認したところ、この建物の敷地にはタバコ畑(訂正:専売公社)があったと伺いました。

hirosige04.jpg

行った時は「川瀬巴水(かわせはすい)」の版画特別展をやっていました。
このため普段は入場料500円ですが、特別展のため700円でした。

hirosige06.jpg

巴水の作品は巴水人形など懐かしいものが多くありましたが、特に「東京二十景」の版画は見ごたえがありました。
これは関東大震災の時に全てそれまでに書きためていたものが焼けてしまい、その後に精力的にまた書いたものだといいます。

batou.jpg

旧馬頭町の街並み。この通りは昔の街道のようです。
電線が地中化され、石岡の中町・香丸通りに似ています。
今のメイン通りは1本北側になってしまい、車の量もこちらは少ないようです。
那珂川町(旧馬頭町)は東北高速道路からかなり離れていますので、少し交通は不便ですが、那珂川上流の歴史のあるところです。歴史を調べている者にとっては面白いところです。
侍塚古墳、那須国造碑がある温泉以外にもとても興味深い場所です。
石岡からは少し遠いのでなかなか行けないのですが、行って良かったと思っています。
大雨かと思いましたが、あまり雨も大したことが無く助かりました。



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

馬頭(那珂川町) | コメント(6) | トラックバック(0) | 2011/10/22 22:15
コメント
No title
落ち着く空間ですね。日本のシックでシンプルな建築技法はこちらの人には何処まで理解できるか?平安神宮のあの真っ赤な鳥居が好きな外国人、私も好きですが、こちらのような落ち着いたたたずまいまいも素晴らしいですね!
No title
おはようございます。私も行ったことがありますがとても落ち着いた雰囲気のいいビ沸刊ですね。周りもちょっと散策したくなるところでした。友部町時代でしたが畜産試験場跡地にこういう施設ができないかなと思いました。いまだに空地です。
Re: No title
ねこちゃん様

町自体も落ち着いた趣のあるところです。
この町の中心にこのようなぜいたくな空間ができることに少しうらやましく感じました。
日光の派手な建築物なども外国人は好きと聞きましたが、日本独自にの「わびさび」も
理解してくれる人がたくさんいるので、日本人としてうれしくなります。
この建築家の方は最近見直されているようです。HPも英文でも作られていました。
Re: No title
troyさん
おはようございます。
天気は悪くて心配でしたが、高速も使っていないし、
あちこち寄り道していったので車の運転もつかれました。

前にも行ったことがあるのですが、このような施設があることがうらやましくなります。
館内に警備も含めて監視員の方が何人かおられますが、これってボランティアさんらしいです。
お金など掛けない工夫はこれから大切ですね。心を豊かにしてくれます。
ようこそ馬頭へ
昨日行かれたんですね。私は今日行っていました。
小さな町であれだけの美術館を維持するのは大変
なようです。皆さんにたくさん来ていただきたい
ところですが、交通の便が良くないですものね。
あの場所は多分(夫が出張中で確かめられない)
以前は昔の専売公社だったと思います。すぐ前が
町の庁舎ですから町の中心地です。
馬頭に住んでいたらご案内したい所が結構あるの
ですが、今日も直ぐ帰って来てしまいました。

美和の道の駅『北斗星』は時々行くんですよ。
『かじか』今度探してみます。私メン食いです。
Re: ようこそ馬頭へ
fumi様
こんばんは。
袋田の方に用事があり、その前にいって来ようと思い立ったのですが、
朝から雨で、予想は1日中雨。
しかししばらくしてたら晴れてきたのであわてて出かけました。
行って良かったですよ。馬頭は本当にいいですね。
特にそちらのおお墓のあるお寺さん(乾徳寺)ものすごくよかったです。
裏の観音の小路などを散策しましたよ。
今の記事が終わったら写真も載せたいと思います。
時間もなかったので馬頭院によって戻ってきました。
今度は温泉に入りに行きます。前に日帰りで一度行っています。
「かじか」だったかなお蕎麦屋さんは「道の駅」の斜め前です。
前に写真撮っていた人と言ってくれたらおぼえていると思います。
一応撮っても構わないかをおかみさんに確認していますので・・・。
息子の蕎麦を作っている人とはしばらく外で話しました。
実家が通りの前の大きな家だと知りました。
保存に使っている蔵の外壁が地震で一部落下したらしいです。
蕎麦打ちはその親父さんにはとても敵わないそうです。

管理者のみに表示