fc2ブログ

薬師古道-菖蒲沢の薬師様

 以前に徳一法師が筑波山に中禅寺を建て、その周りに配した筑波四面薬師を紹介しましたが(こちら)、秋も深まりこの中の菖蒲沢の薬師堂を訪れてみました。

ここを訪れるのは4度目でしょうか。

山の中にあり、たったの15分くらいしか登らないのだけれど、結構急な山道を登ると息が切れてくる。
運動不足解消にはいいのかな。

車で、菖蒲沢の公民館で止めようと坂道を登り始めたら、道路工事中でだめ。
また下へ降りて、ふもとに止めた。

手前の人家の脇道を登って見ると、薬師古道の途中に出た。そのまま整備された古道を登ると天白稲荷神社がある。

yakusi01.jpg

お稲荷さんといえばキツネであるが、ここのキツネは全体が真っ赤だ。

yakusi02.jpg

赤い襟巻や前掛けが赤いくらいならまだ良いが全体が赤い。恐いくらいだ。

yakusi03.jpg

この稲荷神社を過ぎて少し行くと薬師堂が見えてくる。(下の写真)

この薬師堂を最初に見た時は、ハッとする美しさがあった。

地元では、この昔の列をなして参拝したという山道を整備し、大きな薬師像をみんなで台車に載せて山道をおろし、専門家に依頼して修繕しました。

yakusi04.jpg

このお堂の美しさに昔は心ときめいたのですが、今は宮大工の方々の手で修繕が施されたようです。

屋根の色が青くなっていたのには驚きましたが、これもまたしょうがないのかな。

前に、登り階段の入口に2基の灯篭が置かれて、理由を観光協会に問い合わせたことがあった。

お返事では、特に意味はないが、お堂には良くあるでしょ「春日灯篭」というものですよ。
というようなお返事をいただいた。

歴史的なものを追求しようとするこちらにも問題もあるのかもしれないな。

今はここを巡るツアーなども時々計画されているようだ。

私のHPには前に訪れた時のスライドショーも入れてありますので、こちらも見てください→こちら

yakusi06.jpg



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

八郷地区 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2011/10/30 16:42
コメント
古道復活
薬師古道は、平成18年に地元と森林組合と市が協働で切り開いた信仰の道です。
雑木と竹のヤブで覆われていた頃、何とかできないかと思っていました。
合併後に地域の振興策を担当する機会があり、国の補助100%でこれを整備しました。あわせてマップ「つくばねの森林(もり)を歩こう」を作りました。
地域ぐるみで汗を流した懐かしい事業です。
Re: 古道復活
gengorou様

ご連絡ありがとうございます。
私がここを訪れたのも、このつくばね森林組合と地元ボランティアにより
道を整備した記事を2006年秋に読んでからです。
まだ道に敷いた木が新しかったように覚えています。
その時のこのお堂の美しさは今でも忘れられません。
二度目は階段に脇道をつけて薬師像を修理に運びだしてすぐの頃。お堂はそのまま。
三度目は像の修理が終わり、各所に説明看板が建ち、新たな灯篭が追加され景観が変わりました。
時代的にも灯篭がマッチしないので問い合わせをしましたが、少しいじりすぎじゃないかと気になっています。「徳一法師小屋跡」などとあると少し「本当?」と疑問がわいてきます。
素朴な美しさが消えていくのは私にとってはやはりさびしくもあります。
以前gengorou様のブログで整備前に訪れた時の写真も見ました。
ただ、今でも素晴らしいところであることに相違はありません。
みなさんに知っていただきたいところです。また後世に残していきたいところです。

> 地域ぐるみで汗を流した懐かしい事業です。

とても素晴らしい事業だと思います。
今も、皆さんが努力されている姿が目に浮かびます。
石岡にこのようなところがあることを誇りに思っています。
古い道
このような形で古い道を復活できることはすばらしいことです。その際に、どうしても見せ場を作ってしまうのはどこでもあることですが、仕方のないことかもしれません。 春、秋とすばらしいですね? いろんな形で紹介していけば、皆さんがわかってくれます。 おっしゃる通り石岡の誇りになりますね。 地元鶴見でも東海道で生麦の魚市場が、イベントをやって古道の意義をアピールしたりするようになりました。応援していこうと思います。
Re: 古い道
Utamさま
コメントありがとうございます。
また石の仁王像の紹介もありがとうございます。

この古道は地元の方々の思いが入っていて、少し昔を知っている人間にはその人工的な
作為が鼻についてきてしまいます。
しかしこれもある程度は許容していくしかないと思っています。
最初に見た時の衝撃が強かった分だけ、あとからがっかりさせられたりしています。
多くの方に見ていただきたいところではあります。

> 地元鶴見でも東海道で生麦の魚市場が、イベントをやって古道の意義をアピールしたりするようになりました。応援していこうと思います。

少しでも地元の応援になればいいとやっています。ありがとうございます。

管理者のみに表示