FC2ブログ

ギター文化館通り(宇都宮街道)

 石岡市若松町の交差点に石の道標(追分)が置かれています。
ここに「右 うつのみやかわらい道」と書かれています。
この道は国分尼寺を通って瓦会を経て板敷峠を越え宇都宮・日光へと続いていたといわれます。
しかし、昔の面影を残しているところは少なく、はっきりとしていません。
道をたどって進むと、まず常磐高速道にぶつかります。
ここには「鹿の子遺跡」の看板があります。
そして常磐高速を超えて進むと柏原工業団地の中で完全に道は断たれてしまいます。
しかし、工業団地の先のそれらしき道をたどると、医師会病院の脇の道に出ます。
この道を真っ直ぐ進むと「ふらの」という美味しいパスタやそば懐石のお店があります。
furano.jpg
とても美味しいですので一度行ってみてください。
「うらら」ちゃんという大きな犬が迎えてくれますので、犬好きの方は良いでしょう。
そこを過ぎると、右側に山並みが見えます。この山は右端が鐘転山(かねころがしやま)、左側が難台山で南北朝時代に壮絶な攻防があった山です。
山の向こう側は旧岩間町で天狗の山の愛宕山は少しだけ頭が出ていますがかくれています。
gut001.jpg
この高台の道の右下を走っている道は瓦会より部原(ヘバラ)を通る道です。
左手は木々の林が続きますが、「嘉良寿理(からすり)左」の表示のあるT字路があります。
ここを左に少し登ったところに貴船神社の鳥居があり、奥に小さな神社のお宮があります。
ほとんど訪れる人はおりませんが、ここにとても大きなスタジイの大木があります。
これは本当に見事な木です。
説明文では「この近くを宇都宮街道が通っており、旅人の目印になった」というような記述があります。
やはりこの道が宇都宮かわらい道なのでしょう。この神社以外には昔を偲ぶものは見当たりません。
kifune1.jpg
ところがこの神社の先に少し行くと左右が畑となり開け、その先に加波山の山並みが見えてきます。
右手は先に見た難台山の山並み。正面と左手側が筑波山~加波山の山並みです。
とても良い景色です。もちろん山に登れば反対側の山並みや八郷地区の街並みなども見えますが、登らなくてもこんなに見晴らしの良いところも少ないでしょう。
gut003.jpg
元の道(宇都宮街道)へ戻って、先に進むといくつかの別荘風の建物を過ぎた所に「ギター文化館」があります。
ここはギターをやられる方はもちろんですが、労音が気にいってこの地に建てたもので、世界的に有名なアーチストもみえます。惜しむらくは地元の方にあまり知っておられる人が少ないことですね。
gut002.jpg
そこで私はこの宇都宮街道を今後「ギーター文化館通り」と呼ぶことにしたいと思います。
すべて通りの名前は通称で、皆がそう言っていればそのようになるものらしいのでそのうちに認知されるかもしれませんね。
 さて、昔の宇都宮街道は真っ直ぐ進むと「豊後荘病院」へ行くが、その手前から右に下る道があり、「池の端」というバス停で下の街道にでます。
そのまま瓦会を通って大覚寺のある板敷峠を越えて羽黒経由で宇都宮へつながっていたのでしょう。
親鸞聖人が稲田の草庵から府中(石岡)へ出る時もこの道を通っていたのでしょうか?
そして神社で休憩したのでしょうか? 思いが広がっていきます。
もちろん柿岡の町などを通って行く道もたくさんありますので、750~800年位前に道がどのようになっていたのかはわからないですね。でも神社の大木を見ると歴史を語ってくれるように思います。
しかし、知る人はほとんどいない。
歴史も埋もれたままでは、このような感情もなかなか共有できないですね。

街道その他 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/10/15 19:37
コメント

管理者のみに表示