fc2ブログ

ほほえみの丘(行方市)

 霞ケ浦も昔は海水浴ができたそうだ。
これは淡水の湖でなかった時のことで、文字通り海水浴だ。
調べて見ると、今から50年くらい前まで海水浴場もあったらしい。

「いしおか昭和の肖像」という写真集には石岡駅に掲げられた大きな海水浴場への案内看板が載っている。

「桃浦は7月12日より、 瀧濱へ・・・」というもので、鹿島鉄道に乗って海水浴に行くもので、瀧濱は鹿島灘にある海水浴場だが、霞ケ浦も海水浴場がたくさんあったらしい。
有名なのがこの看板にある「桃浦」で、その他その並びの天王崎も白い砂浜に松が点在し、良い風情であったという。

しかし銚子の水門で海水は入らず、淡水化した湖は水質が悪くなり、泳ぐこともできなくなりました。
いまでは泳げたことも忘れられそうです。琵琶湖も何箇所か砂浜があり泳げるらしいですね。
淡水化しても水質の浄化に取り組めば近い将来泳げるようになると思います。

先日、この霞ケ浦湖畔沿いの道を走っていたら、砂浜が広がっている場所があった。

今日紹介する「ほほえみの丘」だ。昔の景色を復活させようと作られたものらしい。

昔の霞ケ浦の風情を取り戻すために数年前から砂浜を復活させる動きがあるそうです。
しかし、波の荒い場所などは砂を入れても砂浜はすぐに流され、葦が生えて廃れたりしてなかなか昔のような景観に戻すのは大変なのだそうです。
税金の無駄使いなどとの声もきこえますが、砂浜が定着して、水がきれいになって泳げる日が来ることを願っています。

hohoemi01.jpg

場所は行方市の沖洲。小美玉市から行方市に入ってすぐのところ

hohoemi02.jpg

この場所は湾になっていて、砂の流出防止に堤防を作ったようです。

hohoemi03.jpg

この日は天気が悪くあまり良い風情ではありませんでしたが、きっと夕日がきれいに沈む場所と思います。
今度は夕日を撮りに行きたいですね。

hohoemi04.jpg

砂浜がきれいに出来ています。桃浦の海水浴場があったのはこのすぐ近くです。東側に1kmも離れていないと思います。

石岡からも比較的近いのでサイクリングなどで湖岸を走るのもよさそうですよ。
一度行ってみてください。


玉造 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2011/11/16 06:05
コメント
No title
こんにちは、

あいかわらず関係ないですが、
前にRomanさんが書いていたの思い出して、
昨日は鷲子山へ行ってきました。

例の造形的にまったく不似合いな
金色のフクロウにはぶったまげましたが、
最近は何でもありなので不苦労になるように
拝める物はタップリと拝ませてもらいました( ^ω^)
Re: No title
kurokenさん
こんばんは。

> 昨日は鷲子山へ行ってきました。
遠いところご苦労様でした。やはり遠いですよね。

> 例の造形的にまったく不似合いな金色のフクロウにはぶったまげましたが、

まったくおかしくなっていますね。この大きな金フクロウは無視して素通りしました。
私は拝んでおりません。これで苦労がなくなるなら苦労しませんね。
元々この神社はフクロウは関係ないですよ。
いつの間にか関係つけてしまったら人気が出たのですね。
本来の神社の持つパワーがおかしな方向になってしまうのも困りものですが
「人寄せパンダ」をねらって成功した方でしょう。私はあまり興味がないですが・・・。


管理者のみに表示