fc2ブログ

古東海道官道遺跡(中津川)

 私のホームページに石岡が古代東海道の終点の都市で、これが歴史を調べ始めたきっかけであったと書いたことがあります。(詳細はこちらにあります)

律令制が始まった時に各国の国府をつなぐ官道が作られました。これはかなり立派なもので、出来るだけ直線道として整備したのです。
そして16kmおきに駅家(うまや)をつくり、そこに馬を常駐させて都との連絡などに使われたのです。

しかし、これもその後延長され、ここ石岡が終点ではなく、仙台までつながるようになり、あちこちでこの官道の遺構が発見されています。

当時は東京湾を舟で渡り、千葉の市原から市川を通り松戸にでて、我孫子から東に曲、布佐から霞ケ浦を何度も渡りながらこの石岡(常陸国府中)に来たと思われます。

しかし、その後、道は何度も変わり、今の6号線に近い江戸時代の水戸街道の名残をこの古代東海道と思ってしまう人が多いようです。今ではほとんど残っていないので、探すのは容易ではありません。

また、我孫子から舟で高浜辺りまで来たり、海の水位が下がって陸地が増えてくると、現在の国道に近いルートに変わり、そこに集落ができて、大昔の道も集落も廃れてしまったようです。

今日は、6号国道の千代田石岡バイパスが現在ところどころで工事が始まっていますが、このバイパス道を作るに当たって、石岡は古代遺跡の眠るところが道路建設されることになり、数年前から遺跡の発掘調査が行なわれました。

石岡バイパスA

赤い点線が今行われている6号国道のバイパス工事区間ですが、どうもバイパスと言うよりも、茨城空港へのアクセス道路の色合いが強くなっています。

これが石岡の入口恋瀬川に架かる恋瀬橋手前からもう一つ橋をかけています。
今年の正月ごろ紹介しました。(こちら

これが、旧縄文時代からの遺跡や古墳群を貫く形となり、とても心配な場所なのです。

実際にこの道路工事に先だって、遺跡の調査が行なわれ、姥久保遺跡、田島遺跡、中津川遺蹟などが見つかっています。

中津川遺蹟で見つかった古代官道の跡と思われる遺構は、青い線で示したところですが、今の高浜街道に沿った畑の部分で187mに渡って見つかり2年前の秋に一般公開されました。

道路の幅は6mで両側に側溝があります。
どの記事を見ても石岡と高浜を結ぶ古代の道路跡となっています。

nakatsugawa01.jpg

今の中津川遺蹟です。もうすぐ道路になってこの跡も無くなってしまうのでしょう。
しっかりと検証して残してほしいものです。(報告書は今年出ています。まだ読んでいません)

中津川遺跡

2009年秋に公開された頃の写真。道路は両側に側溝を持った立派なものです。側溝には人の足跡が残されており、昔の人の足跡だろうと大分関心が集まっていました。

しかし、この古代官道が思わぬ方向に出てきて、解釈を間違えているようです。
これは明らかに古代東海道の遺構だと思います。

しかし、何処を見ても、これは石岡から高浜へでて、鹿島へ向かう鹿島路の遺構ではないかと書かれたものばかりです。

私からすれば、「ヤッター」と大喜びなのですが・・・。

昔(今から1000年くらい前まで)は美浦村から対岸のかすみがうら市にわたり、そして三村の方からこの中津川(高浜)に渡ったと考えられる事象がいくつかあります。
まさにその道筋にあるのです。
でもこの道筋は途中から変わってしまい、今ではこのルートも忘れられているようです。

この古代東海道を調べることは面白そうです。
まあいい加減な解釈は良くあるので、何が信じられるのかを見極めるのは難しいですね。

多くが鎌倉街道と一緒になったり、廃れて別な道ができたりでわからなくなりました。
真っ直ぐ国府をつなぐ「大昔の高速道路」と考えればいいのでしょう。
人のいる集落などとは関係なく、出来るだけ最短に結んだようです。

しかし当時の霞ケ浦は大きな内海で、土浦方面は湿地帯として通行困難だったように思います。

この続きはまた時間があった時に検証してみたいと思います。

003.jpg

11月14日朝の恋瀬橋(6号国道)から筑波山を眺める。 
恋瀬川には、水鳥もいて、昨日の筑波山は薄らと霞がかかっている。

002.jpg

この橋の筑波山の反対側は高浜方面ですが、このバイパス工事が進んでいます。青い橋がかかり、舟塚山古墳群や田島遺跡などがたくさん眠っている場所を通る計画です。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

古東海道 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2011/11/15 06:55
コメント
No title
こんばんは。
歴史を調べ始められたきっかけは・・・そうなんですね。
読んでいて歴史の勉強をさせてもらっています。
どの部分でもとてもくわしくわかりやすく説明されています。

筑波山を眺めていると古代を想像させます。
Re: No title
ふみりんさん
こんばんは。
このような記事にもコメントありがとうございます。
とてもうれしいです。

もともと歴史などには何も興味はもっていなかったのですよ。
でも興味を持ってから見る景色も町の様子も違って見えますね。

> 筑波山を眺めていると古代を想像させます。
・・・当たり前の景色なのにふと「昔の人はどのように見ていたのかな」
などと想像をふくらましてしまいます。
ありがとうございました。

管理者のみに表示