fc2ブログ

富谷観音(小山寺)2

 富谷観音の続きです。

この富谷観音は正式には「天台宗 施無得畏山宝珠院 小山寺」といい、富谷山の中腹(ほぼ頂上近く)に天平七年(735)聖武天皇の勅願により行基菩薩が開山したと伝えられる古刹です。

tomiya08.jpg

この本堂は建てられた時は現在地より大分手前の方にあったそうですが、山津波か何かで土台から崩れ、江戸時代に現在地に1.5分の1の大きさで再建されたものだそうです。

tomiya09.jpg

本尊は行基の作と伝えられる十一面観世音で、開運、安産、子育てに霊験あらたかと言われています。
この十一面観音像は1丈6尺(約4.85メートル)の大きなものだそうです。

本尊の十一面観音は行基の作、不動尊は慈覚大師作、多聞天は運慶作だと言われているようです。

tomiya10.jpg

本堂の上部に彫られた立派な龍の彫刻。

tomiya11.jpg

この三重塔は国の重要文化財で、室町時代の寛正六年(1465)に下妻城主多賀谷朝経が再建したものです。
本堂および仁王門(鎌倉時代の運慶の作といわれる)は県の重要文化財に指定されています。

仁王門には毘沙門天と不動明王の像がある楼門だそうですが、少し下の方にあるようで、下りてみなかったので見過ごしてしまいました。残念です。

鐘楼は享保17年(1732年)建立だそうです。

tomiya12.jpg

丁度もみじも紅葉してきれいでした。

tomiya13.jpg

この本堂が、写真右側の崖の位置に昔あったそうで、山が崩れて倒れ、現在地に再建されたものです。

tomiya14.jpg

この三重塔などは国宝でした。しかし少し格下げされて国の重要文化財となりました。
このいきさつはわかりませんが、現在の保存状態などが少し心配されます。
とても素晴らしいものだと思います。でもほとんど知られていません。

是非国の宝として保存していってほしいものです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。


筑西・桜川地区 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2011/11/28 07:16
コメント
お早うございます。
富谷観音 10年くらい前に 西側から車で上がる道路が整備されていました。展望台も有って 訪れる人が増えるのかなぁ~と思いましたが‥ 朱色の本堂がインパクトありますね・ 紅葉も綺麗でいい感じでしたね
No title
Romanさん、troyさん、kurokenさん
みんな独特の切り取り方があって
(勿論文章もみなさん個性的で)
楽しいです
結構 超有名な仏閣でなくても
超有名な作家が彫刻や絵画を残してるんですね
今度どこかの神社仏閣に行ったら気をつけて
見てみます
Re: お早うございます。
みーさん
こんばんは。
朝仕事に出てしまうと夕方までコメントできません。
というか携帯などでネットやっていない音痴です。

> 富谷観音 10年くらい前に 西側から車で上がる道路が整備されていました。展望台も有って 訪れる人が増えるのかなぁ~と思いましたが

確かにきれいな道がありました。帰りにそちらから下りました。
公園として整備されていますが、あまり人は多くはありませんし、あまり他所の人に知られていないようですね。もったいない。

この塔は室町時代のものですからとても希少価値がありますし、姿も美しいです。
Re: No title
NINA27さん

> Romanさん、troyさん、kurokenさん
> みんな独特の切り取り方があって
> (勿論文章もみなさん個性的で)
> 楽しいです

このコメントとてもうれしいです。文章まで読んでいただけているんだと感謝!!

> 結構 超有名な仏閣でなくても超有名な作家が彫刻や絵画を残してるんですね
> 今度どこかの神社仏閣に行ったら気をつけて見てみます

信用度の問題はありますが、見る目を持てば素晴らしさもわかるはずなので、
こちらももっと見る目を養わないと・・・・
でも、まだまだです。ガイドブックの記載内容に左右されてしまいますね。

管理者のみに表示