fc2ブログ

陸奥国分寺(2)

 仙台にある陸奥国国分寺の続きです。

全国の国分寺は聖武天皇が741年に全国に建設の令を出して、造られていきました。
常陸国はその中でも比較的早く建設されたようですが、ここの国分寺は少し遅くなったようですが少なくても750年代には出来上がっていたと思われます。

 畿内から東に延びる官道は海沿いを行く「東海道」と山側を行く「東山道」の2本が伸びており、東海道は今私のいる石岡(常陸国府中)が終点ですが、その先も東山道の「白河の関」近くまで連絡道路が出来ていたようです。
この頃の陸奥国は、非常に大きな面積を占めており、この国分寺の建設される前からあった郡寺と思われる廃寺跡が陸奥国国衙といわれる宮城県の多賀城(仙台の北東部、塩釜方面)ともう一つ郡山で見つかっています。

陸奥国分寺はこの陸奥国国府「多賀城」から9.5kmも離れた場所(現在の仙台市の東南側)に建設されています。
何故このように離れて建設されたのかはわかっていませんが、すでに国府の多賀城には付属の寺院があったからではないかとみられています。

当時建設された国分寺は他の国分寺と同様に一時かなり衰退したようです。
しかし南大門、中門、金堂、講堂、七重の塔などを持つとても大きなものでした。また全て瓦葺きでした。

この国分寺には今回の地震・津波と同程度の大きさの貞観地震(869年5月)の影響を受けた跡が残されているといいます。
また934年に落雷で七重の塔が焼失してしまい、発掘調査でこの時の塔頂の銅でできた飾りが落下して地面に刺さったままで発見されています。

yakusi03_20111130235240.jpg

yakusi04_20111130235240.jpg

しかし、室町時代にはどうやら大分廃れていたようで堂宇もほとんどない状態だったようです。
それを伊達正宗が1605年から1607年にかけて再建したのです。
この再建は昔の堂宇の位置に出来るだけ合わせて建設しています。この薬師堂はその時に再建されたものですが、昔の講堂のあった位置にピッタリと一致しています。

yakusi01_20111129190937.jpg

「国分寺薬師堂」です。伊達正宗により1607年に昔の講堂の位置に再建されたもので、国の重要文化財です。
正宗は当時中尊寺や瑞巌寺の再建も行なっており、その造りと比べるとこちらはあまり飾りなどは加えずに昔のイメージを残すように工夫しているようです。
シンプルでとても良い造りです。

yakusi02_20111129190937.jpg

komainu01.jpg

狛犬(阿型) このオランウータン型の狛犬はインパクトありますね。

南の方では角(つの)のある狛犬が結構いますが、常陸の方はほとんどが獅子のような狛犬が多いのですが、この姿の違いはどこから来るのでしょうか。

komainu02.jpg

狛犬(吽型)

次回に続きます。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

番外編 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2011/12/01 07:17
コメント
No title
狛犬さん、面白い顔ですね!

Romanさん、絶対写真の腕が上がってると
思います(アングルとか安定感が前と
全然違います)^^
Re: No title
NINAさん

> 狛犬さん、面白い顔ですね!
これって昔の「ゆるキャラ」 じゃないかとも思って見ました。
狛犬って高麗犬だと聞いたように思いますが。何故こんなに姿が違うんでしょうね。
写真でも集めている人がいますね。

> Romanさん、絶対写真の腕が上がってると
> 思います(アングルとか安定感が前と全然違います)^^
ってことは前は見れなかったかな。みなさんのおかげで~す。
前は構図など何も気にしていなかったのだからしょうがないですね。
さてではそろそろ写真ブログの仲間入りしようかな?
実は文章をたくさん書くのがきつくなってきています。(笑)

管理者のみに表示