fc2ブログ

久しぶりに筑波山に登ってみました。

 今日は娘夫婦の観光で、近場で何処にしようかと考えて、久しぶりに筑波山に登ってみることにしました。
少し買い物や本屋さんに行きたいというので午前中買い物に出かけ、その帰りの途中で「府中酒造(府中誉)」さんに寄ってみました。
見学ができるかを聞いてみましたが、やはり予約が必要で案内する人がいないとのことでした。
そこで、入口の展示室のみ見学させていただき、幻の酒米「渡船」の話、また渡舟のお酒の話などをおうかがいでき大変有意義でした。お米を体積が55%まで磨いたもので造られた渡舟と、50%の渡舟を良く冷やしたものを試飲させていただきましたが、残念ながら私は車の運転で飲めず残念でした。
今度歩いて来て見たいと思います。ここはあまり宣伝をしていませんが、お酒は現在アメリカには卸しており、人気もあると言っていました。
石岡のお酒をもっと知ってもらいたいが、あまりポピュラーになっても困ります。
今度、東京の友達に持っていってやろうと思っています。どんな反応かを楽しみに。
まずは1本買ってきましたので、イギリス土産ととも思いましたが、もしかしたら持ち込めないかも?
 午後に筑波山へ車とケーブルカーで行きました。本当に久しぶりです。
こんなにも筑波山が美しく、懐かしくも感じたことは今までありません。本当に良い山ですね。
昔の人が憧れて登ったのもわかります。関東全域が見渡せるようです。
これから紅葉のシーズンがはじまり、筑波エクスプレスとタイアップして東京からの筑波山観光のセット券が発売されているようです。ケーブルカーや、駐車場代などを考えるとセットでの券は大変お得です。
石岡・土浦など霞ケ浦周遊の大きな枠で観光をとらえて、観光地の開発やセット券の販売・バスの便などを考えることが必要に思いました。「筑波・霞ケ浦周遊万葉ロマンの旅」などとするとどのような案ができるのでしょうか。
霞ケ浦の帆曳船などもセットでの格安チケットで乗りたいですね。
そこに石岡も・・・。でも今のままでは「売るものがない」などといわれてしまいます。
本当は沢山あるのですが・・・・。

近況 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/10/13 18:17
コメント

管理者のみに表示