fc2ブログ

楯縫神社(美浦村)ー物部氏の残した足跡

 美浦村木原にある楯縫神社(たてぬい)神社を紹介します。
常陸国風土記に信太郡(しだぐん)のところに出てくる話が元になっている神社だ。

「碓井から西に行くと高来(たかく)の里がある。昔、天地の初め、草も木も言葉を語ったころに、天より降り来たった神があった。名は普都(ふつの)大神といひ、葦原の中津の国を巡行し、山川の荒ぶる神たちを和めた。それを終へて天に帰らうとして、身に着けてゐた厳(いつ)の鎧・矛・楯・剣、手に付けてゐた玉を、すべて脱ぎ捨て、この国に遺して、天に昇り帰って行った。」

この普都大神とは一般に言われている経津主神(ふつぬしのかみ)のことで、香取神宮の祭神になっている神様です。物部(もののべ)氏の神といわれています。
神様と言っても昔この地を平定した武人であったと思いますが、鹿島神宮の建御雷神(たけみかづちのかみ)と共に出雲で国譲りを成し遂げた神です。
この神がこの地を平定して帰る時に身につけていた楯や剣などを全てこの地に残していったと伝えられているのです。
「楯脱ぎ」というのが「楯縫」になったといわれています。

その残された楯や剣などをお祀りしたのがこの楯縫神社というわけです。
しかし、この楯縫神社は美浦村に2か所あるそうです。1か所は今回紹介する美浦村木原にあるが、もう一つ美浦村信太にあるという。こちらの信太にある楯縫神社には「信太郡惣社」と書かれているという。
まだこちらは行っていない。木原の方は信太郡一の宮というしこちらの方が大きいというのでとにかくこちらだけでも確認しておきたいと思ったのです。

香取神宮のあたりからこの美浦・阿見辺りまでは昔、物部氏の勢力範囲となっていたと考えてもいいでしょう。

延喜式の神社名簿にはこの楯縫神社と阿見町竹来(たかく)にある阿弥神社の2社となります。常陸国風土記の中に出てくる「高来の里」というのがこの竹来(たかく)のことではないかといわれています。
また碓井(うすい)は浮島(美浦村の東)にあり、景行天皇がここに来られ雄栗の地を掘ったらきれいな湧水が湧きこの泉を碓井というということです。浮島は今は陸続きですが昔は島で、海苔が採れたとなっています。
竹来にある阿弥神社は信太郡の二の宮と言われています。

信太郡の郡衙(ぐんが)が何処にあったのかが諸説あるようで未だに特定されていません。
現在の解釈では大昔はこの竹来にあり、その後美浦村の信太地区に移り、その後律令制の始まる頃に江戸崎の下君山地区(小野川ほとり)に移ったのではないかと私は漠然と考えています。

tatenui01.jpg

場所は旧125号線の美浦村中心地を通過してバイパスと交わる少し手前である。
ここは何度も通っていたが通りからかなり奥に鳥居があり気をつけていないとわからない。
今回もこちらからではなく少し裏道に回って裏から行った。

tatenui02.jpg

神社入り口の1の鳥居から2の鳥居に進み真っ直ぐ正面に神社の拝殿が見える。
古木に囲まれて進むと気持ちも神聖な気分になる。

tatenui03.jpg

もう10日くらい前に訪れたので紅葉もきれいだった。
しかしやはり一人もいない。静かでひっそりとした神社がいい。あまり騒がしいのはどうも落ち着かない。

tatenui04.jpg

現地の案内板によればこの神社には木製の狛犬があり村の文化財だというが、やはり阿吽の対になった狛犬だというが狛犬を屋外に置くようになったのは江戸時代になってからだそうで、ここの狛犬は屋内に置かれているのだという。姿を見て見たかったが内部は見えなかった。

tatenui06.jpg

こちらが本殿。

tatenui05.jpg

本殿も良く見るとかなり凝った彫刻が彫られている。

tatenui07.jpg

ひっそりと佇むこの古代を思わせる神社も一度知ってほしいと思います。
この地の地名が「木原」といい、中世には木原城などもあったところで、この名前の由来はこの神社にあった杉の巨木(根幹周が6mくらいあった)だといいます。



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

阿見・美浦・稲敷 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2011/12/04 09:06
コメント
No title
今日は時間が取れたのだけど、朝から冷たい雨が降って神社めぐりは無理だから自宅で地図を眺めていたところ面白い関係を見つけた。
以下は独り言です。神社探索にはこういう楽しみ方もあるということで・・・

二つの楯縫神社の関係がどうなっているのかずっと疑問だったのだが、楯縫神社を結んだ直線をずっと北のほうに引くと筑波山頂にあたる。では南のほうに線を引くとどこに当たるか?
調べていくと神崎神社に当たる。つまり神崎神社と筑波山を結んだ線上に二つの楯縫神社が仲良く並ぶ関係になってる。
一直線上に並ぶのは偶然なのか訳ありの人為的なものかまたまた新たな疑問が湧いてきた。
何本かの直線を引いた交点が筑波山と楯縫神社(志太)に集中するから楯縫神社はこの地域のなんらかの中心的な役割を果たした場所の可能性がありそう。


うさぎ小屋様
今晩は。いつもありがとうございます。

> 今日は時間が取れたのだけど、朝から冷たい雨が降って神社めぐりは無理だから自宅で地図を眺めていたところ面白い関係を見つけた。

そうですね。やはり天気が悪くて寒いと動きたはないですね。


> 二つの楯縫神社の関係がどうなっているのかずっと疑問だったのだが、楯縫神社を結んだ直線をずっと北のほうに引くと筑波山頂にあたる。では南のほうに線を引くとどこに当たるか?
> 調べていくと神崎神社に当たる。つまり神崎神社と筑波山を結んだ線上に二つの楯縫神社が仲良く並ぶ関係になってる。

これは面白いですね。
総国から常陸国に渡って来た時はきっとこの神崎神社辺りからだと前から思っています。
「ここは神崎森の下」と下を流れる利根川も渡るにはこの辺りからだったような気がするだけですが・・・・

常陸風土記にかかれている

「葦原の鹿の味は、腐ってゐるやうだ」といふ。山の鹿の肉とは味が違ふ。
だから下総との国境の狩人たちにも、獲り尽くされることはあるまい。

こんな一節が浮かんできました。

> 一直線上に並ぶのは偶然なのか訳ありの人為的なものかまたまた新たな疑問が湧いてきた。
> 何本かの直線を引いた交点が筑波山と楯縫神社(志太)に集中するから楯縫神社はこの地域のなんらかの中心的な役割を果たした場所の可能性がありそう。

色々面白いですね。

管理者のみに表示