fc2ブログ

永巌寺(美浦村木原)

 さて今日は先日紹介した木原城主の近藤利貞が応永元年(1394)に建てたとされる実照山永巌寺(えいがんじ)を紹介します。

これも通りを偶然通りかかって見付けたものですが、曹洞宗のお寺です。
寺には県の文化財である「虎の刺繍(絹本)」が保管されていると書かれていました。
これは城主利貞の娘時姫が16歳の時に2頭の虎の夢を見て絹地で刺繍をしたといわれるものだそうです。
室町時代と言うので貴重なものだそうです。残念ながら実物は見ていません。

IMG_0574.jpg


訪れたのは11月末ですが、まだ紅葉もいい感じでした。

eigenji04.jpg

寺では檀家の方でしょうか法要が営まれていたようです。

eigenji05.jpg

落ち着いた素敵なお寺でした。

eigenji03.jpg

このような寺には一般の方の見学などはあまり行われないのでしょう。
しかし、このように室町末期からの時代を受け継いでこの寺はここにあります。
そして、それを守ってきた方々がいます。

eiganji02.jpg

そういった人々の思いを考えながら見学させていただきました。



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

阿見・美浦・稲敷 | コメント(8) | トラックバック(0) | 2011/12/20 05:46
コメント
No title
おはようございます。素敵なお寺ですね。紅葉もいいときです。一つダメ出しです。少しですが曲がってます。気を付けたほうがいいです。一枚目の写真すごくいいです。車もあまり気になりません。ますます写真うまくなりましたね。
No title
すみません ご無沙汰を・・・(汗)

>そういった人々の思いを考えながら見学させていただきました。

ここがものすごくRomanさんらしいなぁ
素敵です ^^

(前記事の悪態まつり、参加したい・・・)^^;
Re: No title
troyさん
返事遅くなってしまいました。

> 一つダメ出しです。少しですが曲がってます。気を付けたほうがいいです。

ありがとうございます。気をつけなければいけないのですね。
あまり気にしていませんでした。注意します。指摘とても嬉しいですよ。

> 一枚目の写真すごくいいです。車もあまり気になりません。ますます写真うまくなりましたね。

少しずつ皆さんに近づいているようですが、まだ専門用語も何にもわかりません。
写真にその時感じた気持ちが出せたら素敵でしょうね。努力しますね。

Re: No title
NINAさん
お風邪はもう大丈夫ですか? 写真もやっとルンルンになってきたようで安心です。


> >そういった人々の思いを考えながら見学させていただきました。

> ここがものすごくRomanさんらしいなぁ
> 素敵です ^^

わー。本当は柄でもないのだけれど名前負けしないように目一杯背伸びしています(汗)

> (前記事の悪態まつり、参加したい・・・)^^;
この祭りで思いっきり悪態をついて気分爽快になるのもいいですよね。
山を登るのは結構ハードです。
名は体を表すですね(*^_^*)
Romanさま こんばんは。

お庭の整え方も良くて 良いお寺ですね。
5枚目のお写真も 綺麗ですね♪
しだれ柳と言うのでしょうか お堂が直接見えるよりも 床しい感じがして素敵ですね。


NINA様のご意見に私も賛同です(*^_^*)
私もブログを拝見して 目で文字を追う瞬間に ああこのフレーズ この物の見方 捉え方 Roman様らしいなぁ~と すぐに思いましたもの。

今現在だけでなく後に続く人達の為に 歴史や昔話や お祭りなどの民俗芸能など 広く収集し記録をしていらっしゃること。

そして 奥様ともどもボランティアにも心を寄せていらっしゃることなど 何時も素晴らしいことと感服致しております。

全ての源はお人柄にあります。
文は人なり・・・・NINA様も同じ思いでいらっしゃることを 大変嬉しく思いました。

Roman様のブログの主旨を尊びながら 拝見し続けたいと思っております。
Re: 名は体を表すですね(*^_^*)
言の葉ISさま

こんばんは。

> しだれ柳と言うのでしょうか お堂が直接見えるよりも 床しい感じがして素敵ですね。

しだれ柳も春でないと雰囲気は少し落ちますが、それなりに素敵な趣でした。
床しいって素敵な言葉ですね。奥床しいとしてしか使いませんでしたが、いい言葉ですね。

> NINA様のご意見に私も賛同です(*^_^*)
> 私もブログを拝見して 目で文字を追う瞬間に ああこのフレーズ この物の見方 捉え方 Roman様らしいなぁ~と すぐに思いましたもの。

このようにおっしゃっていただくと嬉しいやら、恥ずかしいやらで、顔が見えませんので「名は体をなす」
を目一杯楽しませてもらいます。でも本当は恥ずかしいです。

> 今現在だけでなく後に続く人達の為に 歴史や昔話や お祭りなどの民俗芸能など 広く収集し記録をしていらっしゃること。

これもブログのおかげです。まだそんなに経つわけでもないのですが、皆さんに助けられ勇気をいただけるのがとても嬉しいです。

嫌われないようにこのペースで続けられるかは??
さ~てどうなるかは、もう少しペースを調節しながらいきたいと思います。

これからも宜しくお願いします。ありがとうございました。
No title
こんにちは。
落ち着いた素敵なお寺ですね。
紅葉も風景も良いですね。
長きにわたって守られてきたお寺は、なんとなく風情もありますね。
Re: No title
ふみりんさん
こんばんは。
コメント嬉しいです。

こうして気がついたところを残しています。

> 落ち着いた素敵なお寺ですね。
> 紅葉も風景も良いですね。
> 長きにわたって守られてきたお寺は、なんとなく風情もありますね。

ありがとうございます。趣がありますね。

そちらは雪でしょうか。寒さもこれからみたいですね。
今日は休みでなかったので今戻ったところです。


管理者のみに表示