fc2ブログ

常安寺(行方市麻生)

今日は冬至。太陽が一番弱い時ですからこれから少しづつ明るさも増していくことでしょう。
でも急に寒くなってきました。冬はこれからですね。
カボチャは昼も晩も食べたから、後は庭の木の柚子を20個位もいできたので風呂に浮かべて楽しみます。

 さて、今日は麻生城(羽黒山)の麓に麻生氏の菩提寺「常安寺」(じょうあんじ)を紹介します。

「麻生三郎常安(つねやす)が天文14年(1545)に開祖したものと伝えられる。もとは麻生城の北方の字道知にあり、那智山道知院と呼ばれ、道知幽源和尚がその第一世であった。その後、慶長4年(1599)2月、鷹庵大雛和尚が錫を麻生の地にとどめ、麻生氏の滅亡で荒廃し寺を、現在の地に再興し、太平山常安寺と改称したものである。 麻生町 」と書かています。

jyouanji01.jpg

曹洞宗 太平山常安寺。
 
jouannji03.jpg

赤レンガ塀。 お寺に使われているのはあまり見かけません。

jyouanji02.jpg

鐘楼。鐘の後ろの木はナギの木で市指定天然記念物です。
ナギの木は熊野信仰と結びついて神社に多い木だそうです。



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

麻生 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/12/22 18:44
コメント

管理者のみに表示
« 銀座の雀 | HOME | 星願 »