fc2ブログ

予科練平和公園と武器学校

 土浦の隣りの阿見町には陸上自衛隊の広大な施設が広がっている。
そして、太平洋戦争の時の「予科練(海軍飛行予科練習生)」の飛行訓練場(霞ケ浦海軍航空隊)があったことで知られている。

航空隊は元々は横須賀の追浜にあったが、手狭になって昭和14年にこの霞ケ浦に移ってきたものだ。
日本が太平洋戦争に参戦したのはその2年半後であった。

しかし、戦争末期にはこの予科練を卒業した多くの若者が特攻隊として飛び立っていった。

今から思えば、いやな思い出だ。皆お国のために・・・と志願していったものが多い。

戦後65年以上が経ち、2010年2月に、この場所に「予科練平和祈念館」が建設された。

昔の写真などや資料などが展示され、有料(一般500円)だが一度訪れて見てもいいのではないだろうか。
(内容はこちら)(学芸員の方のブログはこちら

この記念館の建設と同時に、となりの敷地に比較的広々とした公園が出来、芝生の山や、子どもの遊具もあり市民の憩いの広場になっています。

yokaren.jpg

平和記念館の建物は空をイメージするガラス張りの窓が多いきれいな建物となっています。

yokaren3.jpg

私は中に入らなかったのですが、7つボタンにちなんで7つの展示室があるといいます。
土門拳氏の写真などを含め、貴重な写真や資料が展示され、二度と悲惨な戦争を繰り返さないように念じられて建設されたものです。

yokaren4.jpg

隣りの公園には小さな子供連れの親子がたくさん来ていました。
この小山では小さな子供がボールを転がしてニコニコ遊んでいました。

yokaren5.jpg

公園の遊具の向こうに青い霞ケ浦の湖面が光っています。

yokaren6.jpg

空には凧が泳いでいます。とてものどかで、昔の悲惨なイメージは何処にもありません。

yokaren2.jpg

平和記念館の公園と反対側は「陸上自衛隊土浦駐屯地」で通称「武器学校」というちょっと物騒な名前がついています。

この記念館側から内部の施設を見学できるようです。
見学の出来る内部の建物「雄翔館」は、予科練出身者の方によって昭和41年に建てられたもので、当時の遺品など貴重な資料が展示されているようです。

こちらの見学は無料のようですが、一人だと入るのに勇気が必要ですね。
残念ながら入口で引き返してしまいました。(この公園は通り道に寄っただけで、その先に探索すべき場所がたくさんあったので先を急いでいたと言い訳しておきます。(汗))

bukigakko01.jpg

こちらが昔からの武器学校の入口門です。記念館がお休みの日はこちらから見学できるそうです。
内部には戦車や対戦車砲などかなり見ることができるようです。(何処まで見せていただけるかはわかりません)
興味のおありになる方は見学されては如何でしょうか。

私の関心を抱いている古代の話とはかけ離れておりますが、このような場所があることも知っておくべきでしょうね。



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

阿見・美浦・稲敷 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2012/01/18 19:14
コメント
No title
こんばんは。
立派な建物ですね。
出来てまだ新しいのですね。
悲惨な戦争は二度とおきてほしくないですね。

子供たちが遊ぶ公園の風景はとてもきれいですね。
お天気もよくてのどかな感じが伝わってきます。
Re: No title
ふみりんさん

こんばんは

新しく平和を祈念して建てたと書かれています。
まだまだいろいろな考えの人がいますが、悲惨な
戦争はもう二度とやってほしくないですね。

> 子供たちが遊ぶ公園の風景はとてもきれいですね。
> お天気もよくてのどかな感じが伝わってきます。

この子供たちの笑顔をわすれてほしくないと思います。
No title
こんばんは。
平和祈念館は美術館のような素敵な佇まいですね。ガラスって凄い発明。明るくてきれいです。

土門拳は山形県飽海郡の方ですよね。
4年ほど前 二男の運転で山形を巡りました。
日本唯一のクラゲだけの水族館があるのも 飽海郡でした。
クラゲの餌はクラゲと知り驚いたものでした。

確か酒田に 土門拳美術館がありました。
懐かしいです。此の頃物忘れが進んでいますので記憶違いだったらごめんなさい。

プラス思考で考えると 歳をとったのではなく老人力がついたのですよねヽ(^。^)ノ

予科練・・・七つボタンは桜に錨・・・・優秀な人材が父母の為 兄弟の為 祖国のため 惜しむことなく若い尊い命を賭してくれて・・・現代の中学生も高校生も そして私のような年代でも出来ないことをと思うと胸が一杯になります。

お会いすることもなく散って行かれた方々の尊い命を繋いで私たちの日常坐臥があることに思いを深く致しております。

そのお陰で今日また一つ恙無く 年を頂きました
Re: No title
言の葉ISさま

御訪問にコメントありがとうございます。

太平洋戦争の話などはあまり好きではないのですが、この施設なども知っていてほしいものです。

> 平和祈念館は美術館のような素敵な佇まいですね。ガラスって凄い発明。明るくてきれいです。
・・・空をイメージしたといいます。明るくていいですよね。

> 土門拳は山形県飽海郡の方ですよね。
・・・知りませんでした。調べたら飽海郡酒田町(現酒田市)となっていました。
  酒田も意外にこちらとも関係していそうなところです。時々名前が出てきます。

> 4年ほど前 二男の運転で山形を巡りました。
> 日本唯一のクラゲだけの水族館があるのも 飽海郡でした。
> クラゲの餌はクラゲと知り驚いたものでした。
・・・クラゲの餌がクラゲですか? 本当にビックリですね。

> 確か酒田に 土門拳美術館がありました。
・・・写真家としては昔は良く話題になっていました。特に買って持っているわけではありませんが
写真集などを有名な人なんだなとながめた程度です。古寺巡礼などの写真もたくさんありましたね。

> 予科練・・・七つボタンは桜に錨・・・・優秀な人材が父母の為 兄弟の為 祖国のため 惜しむことなく若い尊い命を賭してくれて・・・現代の中学生も高校生も そして私のような年代でも出来ないことをと思うと胸が一杯になります。
・・・関係者の方がおられましたら、やはり当時の思いを忘れてほしくないと思うに違いありませんね。
戦後教育で批判するのは簡単ですが、その若者たちの思いを理解することも忘れてはいけないでしょうね。

ありがとうございました。

管理者のみに表示