fc2ブログ

石岡の街並み(3)

 前回も書きましたがこの石岡の街並みを紹介するのは難しいです。
今や茨城県でも昔は栄えていたのに今はその面影もないシャッター通りになっているなどと揶揄される代表的な町でもあります。

でも、まだ特急も止まる駅でもあり、今のうちに何とかしたいと思う気持ちは強いです。
茨城県でただ一か所「歴史の里」の指定を受け、常陸国分寺跡・国分尼寺跡が国の特別遺跡に指定される歴史遺産が眠る町であり、商都として栄えた名残も昭和ロマンの町としての価値もたくさんある都市です。

今では関東三大祭りとも言われるようになった「石岡のおまつり」も盛大に行われています。

それなのに何故??? シャター街になってしまったのでしょうか。

先日書きましたが、石岡の小さな市街地に郵便ポストがいたるところにあります。
市街地に住んでおられる方はきっと当たり前に思っています。

郵便局の本局もあります。銀行も一部統合されたりしてずいぶん少なくはなっても同じ規模の町に比べて多いと思います。

この当たり前に思っている市街地の便利さも「井の中の蛙」で他所を知らなければどんどん縮小され、もっと住みにくい町になってしまうかもしれません。

この市街地活性化ということで一昨年国の補助金が出ました。
それによって駅前通りに二つの店がオープンしました。
一つが「石岡カフェ」であり、もう一つが「農産物直売所」です。

これも街中の人が生鮮食品の買い物に不便だからという理由が記載されていました。

活性化の計画も市街地の通りの通行人の数の減少を食い止め、少し上向きにしたい程度のものです。

まったくIT時代なのに活性化が図られていません。まだまだPR不足です。

市の観光課のHPを見てみました。一時より少しはなやかになりましたが、町の観光案内や歴史探索のコースに合わせたような地図もダウンロードに入っていません。スピードが何より大切です。
私がこうして毎日空いた時間でブロクを更新しているのですから、出来ないはずがありません。

むかし、長野の「小布施」の活性化について書いたことがあります。
そしてこの紹介本(爆弾娘セーラさんの活動)が図書館にないとも書きました。
最近この小布施見学の話が持ち上がっていました。
情報が遅く、スピード感が感じられないとどんどん取り残されていきます。
お金を書ける問題ではないんです。

国の特別史跡にはきれいな駐車場やトイレがありません。国分寺はトイレも貸してくれません。
尼寺にはかろうじて昔の汚いトイレがあるだけです。
これはこの町の姿勢にかかわる大きな問題だと思います。
いつも行政が見ている先が自分のところの住民だけなんです。
しかし、急がば回れ、情けは人のためならずです。

つい愚痴ぽくなり反省です。無視してください。

さて、街中の紹介の3回目です。

中町の登録有形文化財の一つ「すがや化粧品店」さんを紹介します。

P1010004s_20120226105900.jpg

昭和5年に建てられた代表的な看板建築の店舗兼住宅です。
屋号を壁の全面に形作って(ペディメントというそうです)、左右の柱はギリシャの神殿を思わせる円筒形にかたどっています。

ギリシャ神殿の様式ですよね。
柱とその柱頭の飾りはコリント・イオニア様式といわれるものだそうですが、当時の意気込みが伝わってきます。

sugaya03.jpg

今は化粧品やさんですが、建物が造られた当時は雑貨屋さんだったそうです。

sugaya02.jpg

数年前に登録文化財として指定を受けたところにはこのような石板のモニュメントが置かれるようになりました。

sugaya01.jpg

きっと、上の飾りなどの模様も意味があるのだと思います。もう少し知りたいのですがあまり載っているものが無いのでもしわかればまた書きたいと思います。



これからブログの更新の時間があまりとれません。適当に記事を予約しながら何とか更新していきたいと思います。
テーマが時々あちこちに飛ぶと思いますが、ご了承くださいね。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

石岡の街並み | コメント(12) | トラックバック(0) | 2012/02/27 19:36
コメント
すがやの近くの国文館
>いつも行政が見ている先が自分のところの住民だけなんです。

市政や行政とはそういうスタンスでしか動けないんですね。外から来る人に見てもらう、というターゲットが描ければ違う行動ができるんでしょうけど。
それにしても、市民に見せるだけとしても、随所にトイレは必須の施設ですね。高齢者には特に。

一日遅れで映画館の話になります。
国文館は「すがや」の横の道を入って、水交館の左の空き地になっている場所を中心にありました。(もうひとつの石岡の映画館・東宝は金丸町に。)
昭和30年代のある夜、火事で全焼して、再建されることはありませんでした。
子供のころ入ったときは、下駄を預けて板張りの床を入りました。タバコはもちろん吸いたい放題で、映写機からスクリーンに向かう光芒の中に紫煙がたゆたい、映像に同期して明暗を変えつつ流れてゆくのが映画館という所でした。
イマでは考えられない‘汚染地帯’ですね。灰皿は竹を半分に割った樋が座席の前に長く備え付けられていました。そんなだから火事になるのも当然!?

でも、石岡の映画館に‘かかる’のは東京、土浦あたりで上映されたフィルムが廻されて来てからなので、新しい映画は見られません。父は若い頃、戦前ですが毎週汽車で東京まで映画に通っていたそうです。それで石岡の映画館も存続していました。現在とは商売の感覚が違ってたんでしょうね、細々でも続ける、それは映画館に限らず、生業というもののあたりまえのありようだったのでしょう。
追伸 -- 昨日の記事に
>> 収入証紙「売りさばき所」
>こんなところがこの石岡という商都であった誇りなんでしょう。
総務省の省令で決められている全国的命名です。ご参考まで。

さて今週は石岡に行く予定なので、ひな巡りも見てきましょうか。
Re: すがやの近くの国文館
忠顕さま

少しよそ者が余計なことを言っているように思われたでしょうか?
最近愚痴っぽくて反省です。

これも年のせいかも・・・。

> それにしても、市民に見せるだけとしても、随所にトイレは必須の施設ですね。高齢者には特に。

国分寺でトイレを借りようとしたら断わられたそうです。
東耀寺の住職は長男の人が入ってきて土地を買いあさって問題になっていると聞きました。
困りますね。

> 国文館は「すがや」の横の道を入って、水交館の左の空き地になっている場所を中心にありました。(もうひとつの石岡の映画館・東宝は金丸町に。)

昔の映画館はやはりゴミゴミしたイメージなのでしょうね。

> 昭和30年代のある夜、火事で全焼して、再建されることはありませんでした。
> 子供のころ入ったときは、下駄を預けて板張りの床を入りました。タバコはもちろん吸いたい放題で、映写機からスクリーンに向かう光芒の中に紫煙がたゆたい、映像に同期して明暗を変えつつ流れてゆくのが映画館という所でした。

貴重な情報ありがとうございました。
昭和30年代初め頃やっと天然色映画などと言ったものが封切られましたよね。
私の記憶では「大菩薩峠」などを見た記憶はあります。
小さい時にディズニーのダンボなどがきれいな色で感心したことがあります。

良いイメージと同時にいかがわしいといったイメージが同居していました。
中学高校頃には洋画ばかり見に行っていました。
東京オリンピックが終わってすぐの頃には大分映画にのめり込んだこともあります。
新宿あたりで、ロードショーと3本だての4本を1日で見てフラフラした記憶があります。
でもこれも一時期で終わりでしたが・・・・。
Re: 追伸 -- 昨日の記事に
> >> 収入証紙「売りさばき所」
> 総務省の省令で決められている全国的命名です。ご参考まで。

そうなんですね。このようなお店で売っている所をほとんど見かけなかったので・・・。
市役所や交通安全協会(警察署)などに置いていますが、このような表示を見たことがありませんでした。

勉強になりました。石岡には役場を入れて9か所あるそうです。

> さて今週は石岡に行く予定なので、ひな巡りも見てきましょうか。
ぜひ見ていってください。
3日が最終ですが、落語などもあるそうです。
No title
ROMAN様
石岡小も昔は体育館がなく全木造の講堂というのが
あり、そこで時々映画上映してくれました。
ゴジラの何作目か、少年少女物などぼんやりと
記憶あります。西六郷少年合唱団に関するものとか。
夏の暑いおりに、講堂の窓を緞帳で覆うのですか
暑いこと。
板の間に皆で座って見ていたのですが、きゃあきゃあ楽しかったです。映画って本当にいい物ですね。
急遽弁明です
>少しよそ者が余計なことを言っているように思われたでしょうか?

私の文章が拙いせいで不快な思いをお掛けしたとしたらすいませんでした。Romanさんの思いに全く同感の気持でそういう存在なんですよねぇ、と書いてたわけで。いままでのも反対や非難の意見というのはありません。今後もあるとしたら歴史的事実についての‘討議’はしたいと思いますが。
行徳さま

むかし小学校で毎年のように映画やりましたね。
夏休みに出かけていって見た思い出が確かにあります。
家の近くの小学校では体育館などなく屋外で映写したような気がします。

そんな中、映画でなくて民芸の「森は生きている」の劇がやってきて、体育館のある
小学校で見ましたが、今でもよく覚えています。

子供に芸術を教える機会を提供することなども必要ですね。

小学校の遠足で途中で大雨が降って近くの映画館にいって映画を見たことがあります。
力道山の映画でした。他になかったのです。先生も見せて良いか迷ったでしょうね。

> ゴジラの何作目か、少年少女物などぼんやりと
> 記憶あります。西六郷少年合唱団に関するものとか。

映画に触れる良い機会だったんでしょうね。良いものもたくさんありましたから。
Re: 急遽弁明です
ごめんなさい。そんなこと思っていないです。

ただ、石岡は好きだけれど、時々文句もいいたくなる。
言うと不快に思われる人もあられるようで、少し気を使います(笑)

これからもどんどんおっしゃってください。
歴史的なことも教えてください。
私もかじり始めたばかりで、感覚的なもので動いていますので
間違いもたくさんありそうです。
No title
Romanさん、こんばんは。
単刀直入にお尋ねしますが
石岡の町に公共のトイレはあるのでしょうか?
観光案内のパンフレットに記載されていますか?
それとも喫茶店や食事処に入るしかないのでしょうか‥‥。
行ってみようと思ってるのですが、そのへんが気になりました。
No title
かつて旧市内に本屋さんが六軒(?)ありました。
高木さん近清さん含め355沿いに5軒(?)
国分寺近くに一軒あったように思うのですが不確かです。
で、駅前に一軒。
レコード屋さんもカギヤさんの他に金丸に一軒、
土橋のあたりに一軒(?)<記憶ちがいかも、土浦にあった某店と混同しているかもしれません>。
食べ物屋さんも今よりずっとありました。

この間入ったあかし庵で山平さんが廃業したと
聞きました。朝日屋さん建物もなくなり、
駅前の鰻屋さんは今もたぬきを残すのみ。

でも石岡のトップランナーのお店の
レベルってとても高いと思います。頑張って
欲しいです。
冬のデコポンさん
こんばんは。
あまり書き方がまずかったかな。
あまり気にしたことがなかったので探してみたことはありませんが
程々にはあると思いますよ。
駅やコンビニも使えますし、お寺や総社宮などもあります。
風土記の丘のトイレはきれいです。

でもまだまだ足りないですね。
観光観光と言ってもこれではだめですね。
これもパンフレットに記載しなければいけません。
大いに参考になりました。ありがとうございました。
行徳さん
情報ありがとうございます。
石岡愛があふれていますね。
本当に頑張ってほしいと思います。
でも外に打って出てくれないと集客が出来ないでしょう。

本屋さんや楽器・レコード屋さんなどは時代の流れで、難しいと思います。
本を読も人も石岡は多いのですが、それ程には売れません。
郊外型の本屋へ流れますし、出版業界もつらいです。

> レベルってとても高いと思います。頑張って 欲しいです。

その通りですね。

管理者のみに表示