FC2ブログ

お雛様

 昨日は朝からロンドンから次女の結婚式に出席するためにロンドンより日本に帰ってきた長女夫婦を成田に迎えに行き、その足で今度は神戸から帰ってくる次女を茨城空港へ一緒に迎えに行ってきました。

前の日の雪もすっかり消えて、気温もかなり上昇していましたが、天気はあまり良くなく、成田から潮来経由で茨城空港に向かった時は霧雨が降っていました。

道を間違えて潮来で市内の方に向かうと道路があちこちで波打っています。
まだこの辺りは液状化の影響が残っていて驚きました。

まあ、少し遠周りはしましたが時間にも間に合って茨城空港に行きました。

すると空港のロビーにTBSのニュースカメラマンとアナウンサーがやってきて歩いている人を呼びとめて取材していました。
空港の取材と言うことですが、きっとこの空港はやっていけないだろうと思いながら取材していたのかもしれませんね。

それが意外に頑張っていますよ。
来週(3/7)には神戸便が1日2便に増便されます。これで札幌と神戸に2便ずつ飛びます。
上海がこの日はお休みでしたが、現在週に5便ですが、3月25日からは水曜以外の6日間運行するそうです。
人の数も増えてきていて嬉しいですね。

kuukou01_20120302145330.jpg

空港のロビーに雛人形が飾られていました。

kuukou02_20120302145330.jpg

そして、脇に置かれていたパンフレットは「真壁の雛まつり」でした。
石岡の物は何も空港には置かれていないのは何故??

余程何かあったのか、テナントに入らなかったのも良くわかりません。
石岡行きのバスは走っています。でも空港の中にはほとんど物産や土産もパンフレットも置かれていません。

さて、石岡に戻ってきて、雛まつり会場である「国府館」に立ち寄りました。
石岡の雛巡りは先日3月3日までと書いてしまいましたが、4日の日曜日もやっているそうです。

皆さん何とか頑張っていますので、来られたら気軽に声をかけて励ましてあげてくださいね。
皆慣れないので恥ずかしがっていますが、声をかけてくれると嬉しいのですよね。

hina01_20120302145330.jpg

国府館に飾られた動物雛の中に地蔵雛がありました。可愛いですね。

hina02_20120302145330.jpg

石岡と言えばやはり龍でしょうか。
龍神山の龍も山が削られて、帰るところを失ったのですが、こんなところでお雛様になっていたのですね。

やはり龍は獅子頭などよりこの町のシンボルとしていてくれなければいけません。
龍にまつわる民話などみんなで大切にしていかなければいけないのです。

最後にみんなの広場に立ち寄って7段飾りの雛人形を見てきました。
この人形はロンドンから帰って来た娘の初節句の時に買った久月さんの雛人形で、小さい時は毎年飾っていましたが、大きくなってからは一部屋一杯になってしまうのと、飾ってかたずけるのも手間がかかるので物置に閉まっていたものをこちらに昨年寄贈させていただいたものです。

比較的新しいものですが、お顔がきれいなので好きで買ったものでした。
久しぶりの対面となり娘も昔を思い出して懐かしんでいました。

保存してこうして飾っていただいているスタッフの皆さまには本当に感謝です。
ありがとうございます。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

近況 | コメント(8) | トラックバック(0) | 2012/03/02 15:17
コメント
茨城空港
>石岡の雛巡りは先日3月3日までと書いてしまいましたが、4日の日曜日もやっているそうです。

 水曜日に訪石(石岡を訪れる)予定でしたが、あの雪ではノーマルタイヤで走れず、来週に延期。ひな巡りはRomanさんのブログでのみ一端を知るに留めることとします、今年は。
 お雛様の記事には無粋なコメントになってしまいますが、空港と聞いて反射的に浮かぶことがあって、書かせていただくことにしました。
 茨城空港は県人は皆「百里」として知っていた飛行場ですね。これが海軍の飛行場として出来たのは昭和の支那事変の年だそうです。しかし茨城県の飛行場の歴史はもっと古くて、大正時代の初め頃、阿見に出来た霞ヶ浦海軍航空隊のそれです。現在でも防衛省の施設があり、一度入ったことありますが、飛行艇を水面に出し入れするスロープが印象的でした。
 ここには私に近い人が何人か関わったので思い入れがある場所です。
 大掾氏のころは霞ヶ浦周辺も、北のほうは影響下にあったのかな、でも阿見までは…などと想像も。
 関係ないコメントですいません。
Re: 茨城空港
忠顕さま

雛巡りはとりあえずブログで楽しまれたのでよいでしょう。
頑張って準備されている割にはイマイチの感はぬぐえません。

各地で開催されていますので今後の研究課題はたくさんできた様に思います。
お雛様の記事を書いたのももう先に延ばすと記事にならないのであわてて載せました。
楽しんでいただけたなら嬉しいです。

> 茨城空港は県人は皆「百里」として知っていた飛行場ですね。これが海軍の飛行場として出来たのは昭和の支那事変の年だそうです。

そうですか。この飛行場が出来て、鹿島鉄道も潤い、石岡も発展したとも思います。
今の飛行場の広場に県信の前理事長?幡谷氏の銅像が建っています。
百里を誘致した人だそうです。
現在の幡谷家も県信用金庫に大きな力を持っていますね。なかなか勉強家で人徳もある方のようです。

> 茨城県の飛行場の歴史はもっと古くて、大正時代の初め頃、阿見に出来た霞ヶ浦海軍航空隊のそれです。現在でも防衛省の施設があり、一度入ったことありますが、飛行艇を水面に出し入れするスロープが印象的でした。

この自衛隊の武器学校近くも行きましたし、と阿見の施設も中には行ったことがあります。
リンドバークも飛行船で来たのですよね。
でもやはり特攻隊の学校と言うイメージがついて回ります。
横須賀から移ってきた予科練の卒業生の多くが空に散っていってしまったのですから。

>  大掾氏のころは霞ヶ浦周辺も、北のほうは影響下にあったのかな、でも阿見までは…などと想像も。
>  関係ないコメントですいません。

阿見地方から美浦村はずいぶん歩いて調べました。
昔多氏(おおし)の影響があったと思われる土地で、たくさんのロマンが残っています。
また平将門の伝説が多く残っていますね。

大掾氏の影響がないとは思いませんが霞ケ浦の北側に行方四頭の勢力が力を持っていたのですが、南側は良くわかりません。コメントありがとうございます。
No title
忙しいんですが、嬉しいですね!!
結婚式に家族が勢揃い。。なんと微笑ましい光景でしょう!
おひな様がお祝いしてくれてるようです♪

茨城空港出の便数が増していくって、経済良好ですね。
ねこちゃんさんへ
> 結婚式に家族が勢揃い。。なんと微笑ましい光景でしょう!
> おひな様がお祝いしてくれてるようです♪

ありがとうございます。
まだ式まで1週間あるのですが、家族が増えると賑やかでいいですね。
ありがとうございます。

> 茨城空港出の便数が増していくって、経済良好ですね。

少しでも上向けばいいことだと思います。
茨城の知名度も少しUPしてくれていると嬉しいですね。
No title
相変わらず石岡もPR下手ですね、真壁に取られちゃって。
まあ実際石岡に観光客がゾロゾロ来るようにも整備されていないというのが現状なんでしょうか、
石岡のお祭りでさえも、私から見ればかなりPR不足だと思います。
まあ勝田のように観光とは縁の無い土地ではないので石岡は改善の余地有りですですね。
kurokenさんへ
こんにちは。

> 相変わらず石岡もPR下手ですね、真壁に取られちゃって。

まったくその通りです。 PRはだれがやるのかの基本もわかっていない。
今回の雛巡りは主宰が商工会なんですが、パンフつくってただ参加商店を募集して後は勝手にやれ。
これでは個人商店が好きに出来る範囲しかできません。
コンセプトなんてないんです。
大いに反省ですね。

少しずつでも改善されていけばいいと思っています。
今回の雛まつりも主宰側の顔が全然見えません。
何をやるにも全く同じです。
No title
ROMAN様
また所用にて石岡に日帰りしました。
お雛様もちょっと見てきました。
明日駅前が歩行者天国だそうですね。山車も出る
ようだとも聞きました。
新たな試みでしょうか。少しでも変わってきて
いるなら何よりです。
農産物直売所の接客も非常によくなりましたね。
行徳様
石岡の駅前の歩行者天国。
知りませんでした。
問題はやはりPR不足なんでしょうか。

一般には雛まつりは3月3日なので、この日までのところが多いですね。
4日にそのまま飾れば婚期が遅れるとよく言われますから・・・。

でも石岡は4日もやるようです。何か考え方がよくわからない。
それでも町が盛り上がってくれればそれに越したことはないですね。

> 新たな試みでしょうか。少しでも変わってきているなら何よりです。
> 農産物直売所の接客も非常によくなりましたね。

少し何かて手応えを感じて変わってきたなら嬉しいですね。

管理者のみに表示