FC2ブログ

出島散歩(29)-成井八坂神社

 西成井にある八坂神社は石岡に来た時より気になっていたところで、昔一度見に来たことがありました。
しかし、最近はあまり通らないので立ち寄ることもなく久しぶりにやってきました。

yasaka01_20120422094804.jpg

天慶二年(939)の創建だそうです。藤原秀郷(俵藤太)が東征の際、宝剣を納めたといわれています。

この八坂神社は「成井ばやし」というものが代々伝えられて残っています。
これは石岡のお祭りに山車の上で演じられるものにも伝わっているように思っています。
もちろん石岡の三村や染谷でのお囃子が伝わっているのでしょうが、ここのは意外に知られた存在のようで気になっています。

山車に花火をしかけた祇園囃子です。

yasaka02_20120422094804.jpg

拝殿です。
立派な構えで狛犬もどこかひょうきんな表情をしています。阿吽ということでこちらの狛犬が「吽型」で口を閉じた姿なのですが、ひょうきん顔のため口が開いているように見えます。

<現地看板より抜粋>
市指定文化財 成井ばやし 昭和63年8月24日指定
「西成井集落に伝わる成井ばやしは、いぜんから「成井のひょっとこ」といって親しまれ、現在は毎年7月下旬の土・日曜日の八坂神社祇園祭礼に奉納されています。
はやしの調子は「シンバカ」「シチョウメン」「ニンバ(仁羽)」の三種類があり、シシ舞・キツネ踊り・ひょっとこ・おかめの四段が踊られます。」

ここ西成井の囃子は石岡の囃子連よりも前から囃子連があったそうです。
やはりユーモラスなひょっとこ踊りが有名だそうです。

yasaka03_20120422094803.jpg

唐風の拝殿の手前の彫刻は見ごたえがあります。
比較的新しいとは思いますが、何か意味しているものなのでしょう。

yasaka04_20120422094802.jpg

本殿です。

yasaka05_20120422094801.jpg

ここは八坂神社ですのでこのように扇子をもった人物が描かれているのでしょう。
祇園祭の特徴かもしれません。

yasaka06_20120422094801.jpg

すぐその上にはお馴染みの龍の彫り物です。

yasaka07.jpg

また奉納された額絵もかなり古い物と最近のものが両方あるようです。

yasaka08.jpg

yasaka09.jpg

これは境内社のようですがすこし変わっていますね。何が祀られているのでしょう。

さて、この八坂神社の手前の方、宍倉に「別雷神社」というのがあるので行ってみました。

こじんまりした小さな神社です。
「べつらいじんじゃ」なのか「わけいかづちじんじゃ」なのかわかりません。

きっとどちらでも呼ばれているのかもしれません。

betsurai01.jpg

別雷(わけいかづち)神社は京都の上賀茂神社(賀茂別雷神社が正式名称)が有名です。
ここもきっと上賀茂神社から分霊されたものではないかと思います。

こんもりした小山。1本の大きな木は桜の木です。
訪れたときは花がまだひらひらと散っていました。

betsurai02.jpg

鳥居をくぐると石段があり、小山の上にお宮がひとつ。

betsurai03.jpg

お宮(拝殿?)の脇には下のような看板が・・・。
貞応二年1270年とあるが、少し年号が合わないのだが、暦の問題か?
どちらにしても鎌倉時代ですね。

betsurai04.jpg




にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

出島散歩 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2012/04/28 19:10
コメント
石岡囃子に教えた
国分囃子と若松囃子は成井囃子です…中町囃子も…
Re: 石岡囃子に教えた
> 国分囃子と若松囃子は成井囃子です…中町囃子も…

こんばんは。石岡の街中にはお囃子はなかったんですよね。
最初の頃(明治終り頃~昭和初め)には、祭りのたびに周りのお囃子の人の応援をいただいていたそうです。
この成井や染谷、三村方面ですよね。

管理者のみに表示