FC2ブログ

カエルの楽園

 成田空港からの帰りは成田市から北へ伸びている国道408号線をいつも通る。
この街道は千葉県から茨城県にまたがるところの地名から長豊(ながとよ)街道と通りに案内が出ているが、別名「諭吉通り」という名がついていることを以前紹介しました。(こちら

成田をすぎて利根川を渡ると千葉県から茨城県に入ります。
この利根川にかかる大きな橋を長豊橋と名がついています。
これは千葉県側の豊住村と茨城県側の長竿村を繋ぐことからこの名前になったものと思われます。

doumae01.jpg

これが利根川にかかる長豊(ながとよ)橋です。千葉県から茨城県に入ります。
橋をわたって、3㎞ほど進むと少し小さめの橋を渡ります。これが新利根川です。

doumae03.jpg

こちらは新利根川の流れです。川幅いっぱいに水が溢れんばかりにゆったりと流れています。
利根川の水位を下げるために江戸時代に作られた川だそうですが、水深が浅く水運としては使えず、農業灌漑用の水路として使われてきたといいます。

doumae04.jpg

このあたりは流れも穏やかで草陰では釣り人が糸を垂れていました。

doumae02.jpg

この長豊街道(408号線)が新利根川を渡ってすぐこんな看板が道路端に立っています。
「カエルの楽園 堂前自然公園 しんとねまち」
この新利根町は今は合併して稲敷市となっています。

立っている場所は小さな小川が流れていて木々が生い茂っています。
なんだ「まちおこし」に看板でも立てたのかと思いました。まわりは田んぼが広がっています。
そう。カエルはたくさん鳴いていそうな場所です。

辺から食用ガエル(ウシガエル)のような鳴き声が響いてきます。

doumae08.jpg

この看板から少し入ってみると、その先に駐車場がありトイレなども整備されています。
そして案内板があり、その先に池や水車、水生植物園などの庭園が3つ広がっています。

通りの看板からは想像もしない公園が整備されていました。

doumae07.jpg

こちらは木製の水車が置かれています。

doumae06.jpg

こちらは水生植物園です。カキツバタ?(アヤメ?)の花とあずまやがあります。

doumae11.jpg

花は綺麗ですね。

doumae05.jpg

案内板をじっくり見てこの施設・公園の役目がわかりました。

「水質保全対策事業
この施設は、農業用用排水の水質を浄化する機能を有し、優れた農産物の生産と豊かな田園環境の保全に資するものです。また、農業と環境への理解を深める場として、親水機能を有する公園も整備されています。」

農業用水の水質を高めるための設備がメインで、そこに公園機能を持たせたものだそうです。

doumae08_20120513184553.jpg

この水車小屋の前の池の真ん中から泡がブクブク吹き出しています。

doumae09.jpg

池の名前を見ると「接触酸化池」となっています。
空気をそこから吹き上げているようです。



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

阿見・美浦・稲敷 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/05/17 20:10
コメント

管理者のみに表示