FC2ブログ

女化神社(牛久・龍ヶ崎)(1)

 先月末に行ったところですが、記事がかけずにUPするのが遅くなってしまいました。

「女化(おなばけ)神社」です。それにしてもすごい名前ですね。

そして、この神社がある場所は牛久市女化町にあるのですが、神社の敷地だけは龍ケ崎市馴馬町という飛び地となっています。

ONABAKE01.jpg

神社の参道は立派な鳥居が並んでいます。
正式には「与福惣社 女化稲荷神社(旧名:女化稲荷社)」というようです。

でも与福というのはこの辺の地名でもないようですので「福を与える」ということなのでしょうか。

正月と旧暦2月の初牛は大変賑わうそうです。

ONABAKE02.jpg

お稲荷のこんな鳥居をくぐっていくと気持ちがよくなっていくようです。

ONABAKE03.jpg

訪れたのは4月の末。近くのお宅に用事があって出かけたのです。

ONABAKE04.jpg

そして鳥居をくぐり終えると待っているのはキツネさんですが、親子のキツネ像です。(向かって左側)

onabake001.jpg

こちらは右側のキツネです。こちらは子供が一匹ですので両側合わせて3匹です。この狛キツネは明治2年に制作されたものだそうです。

このキツネはこの女化ヶ原に伝わるお話(白狐の恩返し)が元になっているようです。

話の内容を龍ケ崎のHPで見てみましょう(こちら

鶴の恩返しと似た話ですが、猟師に狙われていた白狐が忠七という農夫に助けられます。そしてこの白狐が娘に化けて忠七の家に来て泊めてもらい、よく働くので忠七の嫁になります。

子供が3人(女・男・男)が生まれ幸せに暮らしていましたが、うっかり寝ていた時にしっぽを出してしまいそれを子供に見られて、いることができなくなり姿を消してしまいました。

そしてその姿を消したあたりがこの神社の奥の院のあたりだといいます。(奥の院はあす紹介します)

onabake002.jpg

神社拝殿の上にあるキツネの彫刻。

ONABAKE05.jpg

この神社は室町時代の永正6年(1509)に創建されたと伝えられる古い神社で、京都伏見稲荷から御霊をこの地に分霊して稲荷信仰が広まったといいます。

しかし、「龍ケ崎市の公式HPでは建久年間(1190~1198)に創立されたといわれ、・・・」と書かれていました。
このような稲荷信仰は五穀豊穣・商売繁盛を願って地域に密着して広がっていますので、創建もあまりはっきりしないのでしょう。

全国の多くの稲荷神社も伏見稲荷が中心ですね。そして正一位を名乗っています。

ONABAKE06.jpg

神社の拝殿は平成14年3月に改築された比較的新しい建物ですが、この竣工記念碑にはその前の神社拝殿は文久2年(1862)に建てられたものが老朽化したために建て直したものだそうです。

近所のお宅を訪問したのですが、その家でも近所のみなさんで寄付をされたようです。

ONABAKE07.jpg

こちらは文久2年(1862)に拝殿が建てられた時の記念碑です。



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

筑波・土浦・牛久地区 | コメント(5) | トラックバック(0) | 2012/05/18 20:56
コメント
No title
こんばんは!ここ、女化神社はある日地図を見た時に、所在が牛久市なのに神社だけが龍ヶ崎市の飛び地になっていたのが不思議で印象に残っていたところです。
白狐の恩返しのストーリーも茨城の昔話で知ってたし、興味深いスポットだと思い、いつか訪れたいと思っていましたので、記事のUPは嬉しいです(*^_^*)ありがとうございます!
与福と付くところも、いかにも福を授かりそうな感じでいいですね♪

竹千代さんへ
訪問うれしいです。

> ここ、女化神社はある日地図を見た時に、所在が牛久市なのに神社だけが龍ヶ崎市の飛び地になっていたのが不思議で印象に残っていたところです。

知っていたのですね。私は牛久市とばかり思っていました。
YAHOO地図にある神社の場所とちがったので改めてよく見て気がつきました。不思議ですね。

> 白狐の恩返しのストーリーも茨城の昔話で知ってたし、

本当に狐が昔はたくさんいたような感じの場所です。
名前負けしない面白そうなスポットでした。
一度行ってみてください。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
こんにちは。

「女化神社」はすごい名前ですね。
でも鳥居がとても立派です。
福を授かりそうな神社ですね(^^)
ふみりんさんへ
こんにちは。

コメントとても嬉しいです。

> 「女化神社」はすごい名前ですね。

ちょっとびっくりしますよね。
名前の謂れはいろいろあるようですが、面白そうでしょ。

> 福を授かりそうな神社ですね(^^)

本当にそうです。稲荷さんは五穀豊穣・商売繁盛、それに
福を呼び込んでくれれば嬉しいですね。

管理者のみに表示