FC2ブログ

御神木にやどり木

 牛久大仏から戻るときに、阿見町でいつもと違う道をとおていたら、こんもりとした茂みの中に神社が見えた。

何か知らないが変わったものでもないかと立ち寄ってみた。

この神社には樹齢500年を超える杉の御神木があったが、その御神木に宿を借りた椎ノ木があった。

町の天然記念物に指定されているそうだ。

yadorigi.jpg

杉の大木の途中から枝を出しているのは椎ノ木のようです。

杉の幹の途中に空洞となった部分ができ、そこに椎の木の実が落ちて芽を出したのでしょう。
それにしても御神木に宿を借りるとはご立派です。

yadorigi02.jpg

説明によれば、銀杏や桜も宿っていたようですね。

kasima01_20120524230658.jpg

この御神木は神社拝殿のすぐ手前右側にあります。

kasima02_20120524230657.jpg

これがご神木の杉の木です。

sinboku.jpg


この阿見町吉原の鹿島神社は、弘仁5年(814)の創建と伝えられる古い神社です。

toro02.jpg toro01.jpg

この灯篭も龍の彫り物等があり、立派な灯篭です。

kasima03_20120524230656.jpg

kasima04_20120524230656.jpg



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

阿見・美浦・稲敷 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2012/05/25 19:11
コメント
No title
こんにちは
ご無沙汰してしまって…(毎回言いわけから
始まる最近)

御神木、500年。おっきいですねー
そこに宿るってのもすごい度胸ですw
KOBURI(NINA)さん
しばらくぶりですね。

写真の方は益々磨きがかかってきた感じでいいですね。
でもいつも読み逃げです。すまん。

こちらはネタが益々マイナーになっていく感じで困りものです。
コメントも付けにくい記事ばかりで・・・・。

もっと面白いのはないかな。写真では勝負できないし。
でもお越しくださりありがとう。

> そこに宿るってのもすごい度胸ですw

そうか、度胸がいるんですね。

管理者のみに表示