FC2ブログ

水戸祇園寺(3)

 今日も水戸の祇園寺の続きです。

この祇園寺へ行く途中に三の丸の水戸城の跡やその先の芸術館などを横目で見ながら素通りでした。

確認したかったのは今日紹介する「穢積(えしゃく)金剛尊天堂」を見たかったからです。

gionji21.jpg

この堂は、境内の鐘楼の近くに建っていました。

gionji22.jpg

このお堂は心越禅師が中国から持ってきた穢積(えしゃく)金剛像を祀るために光圀が建てさせたもので1694年のものでこの寺では唯一火災をまぬがれて当時のものとして残った建物だそうです。

gionji24.jpg

それにしても、この穢積(えしゃく)金剛って何? と思った訳でして、調べてみました。
ネットで検索すると中国語のサイトがたくさん出てきます。日本のサイトはあまりありません。

この場所に置かれた説明板(下記)にもあまりよく見えない状態になっています。
唯一の記録品という割には説明もあまりされていません。

調べると、烏枢沙摩明王(うすさまみょうおう)のことだとなっています。また「火頭金剛」ともいわれ、汚れを清めてくれる明王だそうです。

この汚れは心の汚れというのではなく、物質的な汚れを清めてくれるというので、日本ではトイレの神様として祀られているようです。

gionji23.jpg

どうやら烏枢沙摩明王はもっと古くから仏教に取り入れられてきたが、こちらの同じ明王も江戸時代になって中国から渡ってきた「穢積金剛」はあまり日本では受け入れられていないように思います。

もちろんトイレの神様だけではありません。
不浄なものを大地に変えたり、焼き払ってしまう力があるようです。
そして、お腹の中にいる赤ん坊を女の子から男の子に変える力も持っていたのです。

昔は世継ぎは男子ですから、この神様も大切にされたのでしょう。

それにしてもよくわからない建物です。
これと全く同じ建物が茨城町にもあるんです。

それはまた明日にでも紹介しましょう。

さて、明日から3日間石岡市柴間のギター文化館で「ことば座」の定期公演があります。
美浦村に伝わる平将門伝説を取り上げて、耳の聞こえない舞姫「小林幸枝」と伊藤道郎の門下生である美浦のモダンダンスの柏木久美子さんの踊りが見ものです。

NHKの水戸放送局が練習から取材に来ており、6月21日の18時~19時の間に紹介されるそうです。

今年は8月にマカオでの公演も決まっており、大いに飛躍してもらいたいものです。

見に行かれる方は → こちら のHPを参照してください。

またギター館のNHKの取材の紹介はギター館のブログで確認してください。→ こちら

私は「ことば座」の勝手に応援団です!!

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

水戸・茨城・ひたちなか | コメント(4) | トラックバック(1) | 2012/06/14 19:46
コメント
穢跡
言葉の面白さと「それにしてもよくわからない建物です」に同感して思わずコメントしました。
「穢」の字は部落問題を知っている世代には馴染みの(?)文字ですね。穢跡となると何でしょう?けがれのあと?それを清める意味を言外に含むのか…などとひととき考えました。
 それにしても禅宗の寺に釈尊以外の仏像があるのは解りませんね。ま、本尊ではないから本堂でなくわざわざ堂を作ったということなのでしょうが。
 禅宗の理解のうえに理屈として理解すべきでは無いのかもしれません。この寺に「霊験あらたかなる尊天」をも祀るその心情があったことを理解すべきなのでしょうね、歴史的文化財以上のものを理解しようとすれば。
Re: 穢跡
忠顕さま

いつも的確なアドバイスありがとうございます。
この穢跡の言葉は考えてみると興味がありますね。
えた・非人などと言葉では聞きますが、「穢多」(けがれが多い?)と書くのですね。

わたしは言葉のニャンスから「えせ」(似非)を思い浮かべてしまいましたが・・・。
蝦夷などの言葉もつながっているのかもしれない等と考えると想像が膨らみます。

穢れの考え方は神道と仏教で違うようですね。
どうもこちらの祇園寺系統は小川の天聖寺の墓地が神道の墓石であったのとつながっていそうです

>  それにしても禅宗の寺に釈尊以外の仏像があるのは解りませんね。ま、本尊ではないから本堂でなくわざわざ堂を作ったということなのでしょうが。

どこか日本の曹洞宗と中国の曹洞宗がミックスした独特の宗派なのかもしれません。
No title
同じく曹洞宗の大雄山最乗寺や豊川稲荷(妙厳寺)などもお釈迦様を祀る本堂以外に別のご本尊を祀るお堂がありますよ。
そうなった歴史的経緯なども調べると面白いです。

通りすがりさん
以前にもコメントいただきました?
いろいろ情報多謝です。

> 同じく曹洞宗の大雄山最乗寺や豊川稲荷(妙厳寺)などもお釈迦様を祀る本堂以外に別のご本尊を祀るお堂がありますよ。
> そうなった歴史的経緯なども調べると面白いです。

まあこれも地方に根付いてしまっているのであまり範囲を広げられないんです。
今の所は浅く広く・・・・です。(笑)



管理者のみに表示
トラックバック
 今日も水戸の祇園寺の続きです。この祇園寺へ行く途中に三の丸の水戸城の跡やその先の芸術館などを横目で見ながら素通りでした。確認したかったのは今日紹介する「穢積(えしゃく)金剛尊天堂」を見たかったからです。この堂は、境内の鐘楼の近くに建っていました。このお...