FC2ブログ

ことば座定期公演

 昨日はギター文化館で行われた「ことば座」の定期講演会を見に行ってきた。

今回は美浦村に伝わる平将門伝説をモチーフに創作された「苅萱姫(さくらひめ)物語」を美浦のモダンダンスの柏木久美子さんとの共演となった。

柏木さんは世界での活躍したダンス界の第一人者である故伊藤道郎(みちお)の門下生です。

今回はイギリスの作曲家ホルストが伊藤道郎のために作曲した「日本組曲」を踊りに取り入れています。

IMG_3067s.jpg

最初は美浦村の前村長である市川紀行氏の「ついに太陽をとらえた」と題する詩が朗読された。
この詩は、昨年の原発事故を受けて市川氏の魂の叫び声で溢れている。

茨城県は東海村とこの美浦村だけが村として残った。そのためいろいろな意見交換も行なってきたという。

それが今回の原発事故で東海村も大きく軌道修正をはかり始めている。

昨日首相は大飯原発の再稼働を決めたという。一読してみてほしい。

(風の会の会報71号(2012年4月号)の最後の方に載っています。 →こちら(pdf))

<追記> 詩の部分をこちらにUPしました。→こちら

IMG_3076s.jpg

まず柏木さんのダンスから。

IMG_3087s.jpg

平将門役は「小林幸枝」さん

IMG_3092s.jpg

将門の妾妻「苅萱姫」役は柏木久美子さん

IMG_3102s.jpg

死を覚悟した将門は妾であった苅萱(さくら)姫を信頼していた部下に託し、苅萱姫は敵方ではあったが美浦村の豪族の下に預けられ、将門の子供と過ごしたとされます。
この辺はまた後で紹介します。

IMG_3120s.jpg

霞ヶ浦(流れ海)に月明かりが霞む夜、亡くなった将門の亡霊とその面影を偲ぶ苅萱姫が舞を舞います。

この「ことば座」が6月21日(木)にNHKの水戸放送局で夜6時~7時(恐らく18時10分頃から7-8分?)テレビで紹介されます。

水戸放送局をご覧の方は是非見てください。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

ことば座・風の会 | コメント(0) | トラックバック(1) | 2012/06/17 09:47
コメント

管理者のみに表示
トラックバック
 昨日はギター文化館で行われた「ことば座」の定期講演会を見に行ってきた。今回は美浦村に伝わる平将門伝説をモチーフに創作された「苅萱姫(さくらひめ)物語」を美浦のモダンダンスの柏木久美子さんとの共演となった。柏木さんは世界での活躍したダンス界の第一人者で...