FC2ブログ

稲敷散歩(13)-鹿島神社(江戸崎)

 江戸崎の市街地に大きな神社がある。これが鹿島神社だが、どのような歴史があるものなのだろうか?

kasima08.jpg

商店街などのある通りに面しているところに一の鳥居がある。

kasima09.jpg

少し進んだところに上り階段がありその先に二の鳥居がある。

kasima07.jpg

鳥居の脇には古くからの狛犬が置かれている。
いかにも神社に権威付けをしていると思われるような文字が鳥居に彫られている。
「東宮殿下渡欧祈念」(大正10年造立)のようです。
東宮殿下とは皇太子のことですから当時の皇太子は昭和天皇のことでしょうか?

鹿島神社は、旧江戸崎町内に10ヶ所あるそうで、その代表格がこの街中神社である。
元々この地区は物部氏の香取神が中心だと思ってきたが、どうやらこの街中にはその足跡は残されていないようだ。

先日紹介した江戸崎城主土岐原氏の菩提樹である「管天寺」がこの鹿島神社の場所にあったと紹介しました。

この鹿島神社は江戸崎城主6代目土岐治英(ときはるふさ)が、江戸崎城の守護神として鹿島神宮から勧請した神社だといいます。

やはりその時代のものなのだと変に納得です。

kasima05_20120708112949.jpg

この神社には江戸時代の扁額なども残されており、ちょっと変わったところでは神紋が「さくら」の花のようです
(訂正)この紋は土岐氏の家紋「土岐桔梗」だそうです。

kasima06_20120708112949.jpg

本殿です。立派な造りです。

kasima02_20120708112950.jpg

拝殿脇には欅の木でしょうか、かなりの古木が残されています。

kasima01_20120708112950.jpg

境内に相撲の土俵がありました。毎年9月1日に奉納相撲大会が行われるようです。
石岡の総社宮の相撲大会は高校の相撲選手権というものですが、どうもこちらは地元の子供たちが参加して楽しく行う昔ながらの地区相撲大会のようです。

kasima03_20120708112950.jpg

歴史については上の説明板を読んで頂ければよいとおもいます。
先日訪れた時には近くに7月末に行われる「祇園祭」のポスターが貼られていました。
地元ではかなり大きなお祭りのようです。

でも祇園祭は八坂神社や天王社などと思っておりましたが、鹿島神社でも行われるのですね。
(追記:この江戸崎祇園祭はここ鹿島神社と南西側に少し行った旧天王地区にある「八坂神社」との共同のお祭りだといいます。400年くらいの伝統のある祭りだそうです。)

調べると全国各地の鹿島神社でも祇園祭と称した祭りは多いようです。

ところで「いしおかのお祭り」を祇園祭というと、何故かキョトンとされてしまうようですが、基本構成は同じですね。

kasima04_20120708112949.jpg

境内には「忠魂碑」などが置かれていますが、いろいろな神社を合祀してお祀りしているようです。
場所は江戸崎小学校のグランドと隣接しており、小学校の敷地は多分昔の江戸崎城の場所ではないかと思います。



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

稲敷散歩(江戸崎周辺) | コメント(0) | トラックバック(1) | 2012/07/08 19:00
コメント

管理者のみに表示
トラックバック
 江戸崎の市街地に大きな神社がある。これが鹿島神社だが、どのような歴史があるものなのだろうか?商店街などのある通りに面しているところに一の鳥居がある。少し進んだところに...