fc2ブログ

雨晴れてコスモス野に笑う

今日は久しぶりに天気も回復ししたが、スッキリした青空とはいかなかった。
しかし朝は久しぶりに筑波山が顔を見せ、朝日が二つの山にあたり輝いていた。
今週初めは朝冷え込み、車の窓ガラスが凍った。しかしその日の筑波山はとても美しく輝いていた。
また、その後朝は寒さが緩んでも、冷たい雨で一日気温が上がらず、気持ちも晴れない日が続いた。
今日は久しぶりの青空が広がった。コスモスも久しぶりに笑っているようだった。
もともと花が咲くことは笑うと同じだという。まあ山が笑うといえば春のことだが
コスモス畑も広がり筑波山も背景にはもってこいだった。
先日、テレビで東京に住んでいる人を対象にした県別人気度調査の話をしていた。
その結果は、茨城県は2年連続最下位となったという。
まったくおかしな話でもあり、またもっともとも思う。
東京に住んでいた頃の茨城のイメージは最悪であった。
言葉使いも何か親しみが持てず、正直をいって住みたいとは思わなかった。
しかし、住めば都というように今はすっかり茨城住民になった。
最下位はさすがにうれしくはない。
何が足りないのかについて、自分なりに考えはあるのだが・・・・。
温暖な気候、海に山に果物・野菜など実に豊富で、東京の台所となっているが、東京の人は認識がない。
これは、実に不思議なことである。
茨城といえば「納豆」と「水戸黄門」だという。
「県民性のせいだ」と片づけるのは簡単だが、私は違う見方をしている。
「PRしないことを佳し」とするのは本当に県民性のせいであろうか?
私は「努力が足りない」「努力をしなくても食べていけるから良いと今までずーと過ごしてきた。」
せいではないのかと思っている。まさに商売人ではないのです。
県のイメージを上げ、県を豊かにしていくことは将来の子供たちに対する義務でもあります。
例えば、ネットで発言したり、良さを発信するのも豊かな県では当たり前のように湧いてくるものです。
皆さん、おとなしすぎます。もっともっと自分を磨いて大いに発信しましょう。
 

石岡市内の風景 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2010/11/18 19:29
コメント
思い起こせば
大学に入り、社会人になり、茨城出身です、と
周りに告げると、ああ常磐線か、常磐線はカップ酒とイカの燻製のにおいが一杯なんだよな、とよく言われ、いつも恥ずかしかったです。
本当だったし、、、、。
上野駅で乗車した瞬間にローカル丸出しで、身内の集まりになってしまう。
欧風のホテルで廊下やロビーを浴衣であるいている仲間を見たようなきまりの悪さはありますね。
Re: 思い起こせば
 もう40年以上前に常磐線に乗った時はおどろきましたが、今はおとなしくなっていますね。
これが良いのか、悪いのかは一概に言えませんが・・・。
山の中に住んでいる山猿が都会生まれのジェントルマンに対比されているような気がしてくる
ような・・・。
でも茨城は本当は別な魅力のある地域であり、そんなことにこだわらずにもう少し商売上手
にならなければいけないと思う次第です。
中国人などを見ていると、今の日本人にはないバイタリティや商売人的な発想がありますね。
東京などを飛び越えて、世界を見つめていくような方向性が必要かもしれません。
ベトナムなどでこれから求められている技術や物などを考えていく力が・・・。

管理者のみに表示