FC2ブログ

稲敷散歩(19)-満願寺2

 とうとう梅雨明けのようですね。ここのところ暑くてたまりません。

 さて、稲敷市阿波崎(あばさき)にある満願寺。この寺は約1300年前の740年頃の創建と言われ、その当時の本尊と言われる釈迦如来立像(18.77cm)(飛鳥時代)が残されているという。

茨城県最古の仏像がこんなところにあるなんて・・・・。
見たかったのだが何処におかれているのかわからない。
また天正18年(1590年)の佐竹氏の攻撃による戦火でこの像も焼けて全身に鍍金(メッキ)を失い古代の微笑を損傷しているという。

manganji10.jpg

薬師堂は入り口の仁王門と同じ、元禄4年(1691)に建てられたものだと見られます。

manganji13.jpg

堂の入り口上には龍の彫りものです。

manganji14.jpg

堂の中は肉眼では暗くてよくわからないので写真のシャッタースピ-ドを遅くして撮ってみた。
座禅を組んだ如来座像のようだ。かなり大きい。
何時頃のものかわからないが痛みも大分あるようだ。

manganji15.jpg

このお堂から山門側を眺めたところです。かなり良い雰囲気を持っています。

manganji09.jpg

境内にはいろいろな石仏があります。

manganji11.jpg

manganji12.jpg

この薬師堂を囲むようにこのような石仏が並んでいます。
これらは何を意味するのでしょうか? あまり見かけないように思います。

manganji16.jpg

仁王門近くには「子安地蔵」やその他「六地蔵」などもあります。

やはり「阿波崎」は昔の地形を彷彿させてくれるものが残されているようです。
今度時間があれば、昔の地形と対比してみて見たいと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

稲敷散歩(江戸崎周辺) | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/07/17 19:32
コメント

管理者のみに表示