FC2ブログ

夏を惜しむ蝉の声

 お盆休みも終り、帰省のラッシュも平準化され、思ったほどには渋滞も少ないようですね。
東京での節電もこの暑さの中何の問題も聞こえてこない。

エアコンもできるだけ使わずにと思っていたが、さすがにここ数日は一時入れざるを得なかった。
しかし、今日は比較的涼しいと思ったところに、突然のカミナリと猛烈な雨が降った。

慌ててパソコンの電源を落とし、嵐の過ぎるのを待つと停電し、近くにものすごい雷鳴が響いた。

それもホンの少しで空は明るくなり、また夏の空が戻ってきて、暑さもぶり返してしまった。

 昨日はミンミンゼミの鳴き声がうるさかったが、今日はツクツクボーシが盛んに鳴いている。

オシーツクツク・オシーツクツクか、ツクツボーシ・ツクツクボーシと鳴くかというのは地方により違いがあるのだそうだ。
もちろんセミの鳴き方が違うのではなく、聞き手の先入観でどちらかに聞こえてしまうようだ。

このツクツク法師が鳴くと、夏も終わりに近づいたと感じてしまう。
惜しい!惜しい!と聞こえてしまうのだから・・・・。

昔はカナカナと夕方に涼しげに鳴くヒグラシは夏の終わり頃かと思い込んでいた時があったが、ヒグラシは夏の初めに鳴くセミだそうだ。

あの透き通った鳴き声や、透き通った羽根の美しさに捕まえようと躍起となっていた子供の頃を懐かしく思い出したものだ。

IMG_3762s.jpg

このところ数日休みの間、空には写真のような「うろこ雲が」現れた。
うろこ雲は秋の雲という意識があるので、調べてみた。

すると「うろこ状の雲」には「巻積雲」と「高積雲」の2種類あるそうです。
でもどちらも天候が変わりやすい雲のようです。

IMG_3806s.jpg

うろこ雲が出たら雷雨が近づいているとか、翌日に雨が降るなどと言われているようです。

天気のことも知らないことが多いです。

IMG_3807s.jpg

昨日書いた歩崎観音近くの「かすみがうら市郷土資料館」はお城の形をしています。
これも「ふるさと・・・・」なるものの一環で建てられたようです。

次の写真は歩崎観音の展望台から霞ヶ浦を眺めたところです。

IMG_3830s.jpg

こちら側の公園(水族館)近くではお祭りが行われるのでたくさんの人が集まっていました。
今日は公園の駐車場は関係者のみしか置けません。
一般の車は、この資料館近くの臨時駐車場に置くか、少し離れたJAの駐車場においてシャトルバスで会場に来ていたようです。

IMG_3831s.jpg

IMG_3832s.jpg

「あゆみ祭り」と一般には言われているようですが、正式にはこの旗にあるように「歩崎観音大祭」というのだと思います。

それからこの写真の人たちはここにある公園の駐車場の見張りバイト?の人ですよ。
暑いのにこれも大変です。

IMG_3833s.jpg

 お祭りの日はこの資料館も無料でした。
入口入ったとこに子供達との竹とんぼ作りや、勾玉つくりなどのコーナが設けられていましたが、朝が早かったのか、ボランティアの人達以外にはまだ誰も来ていませんでした。

資料館の展示品は「本堂家の江戸屋敷発掘!」だそうです。
かすみがうら市は隣にある志筑(しづく)地区に江戸時代秋田から来た本堂家(源氏本流と自称している)が9千2百石位で入っていましたが、1万石に満たないので藩にはなれず、最後にやっと1万石強に加増となって「志筑藩」ができ、廃藩置県で「志筑県」ができました。

この藩の歴史も興味がつきませんが、またの機会にしましょう。

お近くで興味のある方は、11月4日まで開催しておりますので行ってみてください。

でもこのようなものを熱心に調べている学芸員?の方がおられるのでしょうね。

石岡はどうなっているのかわかりません。歴史ボランティアなどは本当の素人ボランティアです。

hondou.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

近況 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/08/18 18:16
コメント

管理者のみに表示