FC2ブログ

ダイダラボッチの里(8)-地蔵尊(八木)

 八木干拓の里を探索していたら、先日紹介した「住吉神社」の山をぐるりと回ったところに道角に地蔵尊と書かれたお堂が置かれていた。

jizoudou01.jpg

T字路の角に山側に比較的新しいお堂があった。
この前には八木公民館と書かれていた。

jizou02.jpg

この石柱には「古酒馬場???」などと書かれている。古酒(ふるさき)地区は少し離れている。

jizou03.jpg

「月読尊」「二十三夜供養塔」「十九夜尊」「庚申像」など古いものも比較的新しそうなものまでいろいろなものがまとめて置かれているようです。

きっと、近くの山や里の道端にでも置かれていたものをここに集めて置かれているのだろう。

jizou04.jpg

お堂の額には「地蔵尊」と書かれているので、中には地蔵尊が祀られているものと思います。
この地区には道標の上に地蔵が彫られた石柱(花崗岩?)があるというので、この中にあるのかもしれない。
覗いていないので何があるかはわからない。

jizou05.jpg

この地蔵尊のすぐ前に立派な家があった。
門や家屋、蔵などの瓦の模様が変わっていたので写真を撮ってみた。

jizou06.jpg

立派な入口門の屋根です。模様が素敵ですね。どのような意味があるのでしょうか?

jizou07.jpg

こちらは石蔵です。屋号は何んと書いてあるのか?

jizou08.jpg

干拓ももう稲が黄金色ですね。ここに来るまで一部で稲刈り(早場米?)をし終わった田を見ました。
しかし、8月にはまだほとんど稲刈りはしません。
あと1~2週間くらいすると刈り取られているかもしれません。



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

ダイダラボッチの里 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2012/08/31 19:33
コメント
No title
こんにちは久しぶりのコメントです。私もこのお盆休みにダイダラボッチを見に三村の方へ伺いました。(2つしか見つけられませんでしたが;;) さて、写真に出ているお地蔵様ですが、母から聞いた所によると、この地は昔島流しの地であったらしく、そこに流罪になった人々が『早く帰りたい、早く帰りたい』とか供養の思いで作ったとされていると聞きました。まだ詳しくは分かりませんが筑波の大学教授もこの辺りについて調べているそうです。
トリトラ様
こんにちは。 コメントありがとうございます。

> 私もこのお盆休みにダイダラボッチを見に三村の方へ伺いました。(2つしか見つけられませんでしたが;;)

そうですか。私も昨年までは全部はわからなかったんです。
今年は場所を確かめて行ってみました。
一度わかると簡単に見つけられます。

> さて、写真に出ているお地蔵様ですが、母から聞いた所によると、この地は昔島流しの地であったらしく、そこに流罪になった人々が『早く帰りたい、早く帰りたい』とか供養の思いで作ったとされていると聞きました。

それは知りませんでした。
島でもないのですがそんなことがあったのでしょうか?
場所を訪れるとそのような場所だったのかもとの思いはしますが、
歴史的にはあまりイメージは湧きません。
いつかなにかわかるかもしれませんね。
情報ありがとうございました。

管理者のみに表示