FC2ブログ

つくば市北条(1)

 昨日、古代筑波郡の郡寺の塔に使われたと思われる露盤を紹介しました。

久しぶりにこの北条地区にやってきました。

ここは江戸時代に筑波参詣の入口の街として栄えた街並みが広がっています。

しかし、今年5月の竜巻の被害は大きなもので、今でも建て直しやブルーシートもかなり目立ちます。

hojho01.jpg

市の神1

北条の通りに2つの「市の神」というのが祀られていました。
江戸時代に通りの辻などに置かれたものかもしれないと、調べてみるとこの通りで「市いち」が開かれており、この両端にこの祠をおいて祀ったもののようです。

ですから「市神様=いちかみさま」でしょうか。

こちらは八坂神社の少し東側にありました。「東の市の神」だそうです。

市の神02

「西の市の神」はちょうど「つくば道」の大きな追分のすぐ前にありました。
「つくば道」については前に紹介していますので今回は省略です。(筑波古道をまとめたものはこちら

この石の祠の横に、「北条町道路元標」が置かれていました。
前にこの道路元標をまとめて調べていた時に、ここの写真を撮っていなかったので今回載せます。

しかし、この辻の元標の後ろ側が空き地になっています。
前に来た時は家があったと思います。おそらく竜巻の被害で取り壊されたのではないかと思います。

hojho03.jpg

「北条歴史めぐり絵巻」と書かれた看板があちこちに置かれています。
前にはあまり気がつかなかったように思いますので、比較的新しいものかもしれません。

この中心地の近くに「稲荷神社」と矢印の書かれている看板を見つけて行ってみました。

くねくねと坂道を登っていくと「北条小学校」のグランド裏にそれはありました。
「久保山稲荷」となっています。

hojho02.jpg

たくさんの狐像が置かれていましたが、特に内容を説明するものはありません。
地元のお稲荷さんでしょうか。

sora01.jpg

今日は夕方から空が真っ黒になって風も強くなりました。
家の入口にある百日紅の花も風に煽られて大きく揺れていました。

sora02.jpg

富山ではかなり大雨が降ったようです。

皆様のところに被害がありませんようにお祈りしています。

明日はこの北条の八坂神社を紹介したいと思います。



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

筑波・土浦・牛久地区 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/09/06 19:18
コメント

管理者のみに表示