FC2ブログ

石岡のおまつり(4)

 今日は敬老の日。石岡のおまつりの最終日(3日目)です。

朝から天気もよく、日陰では風があって少しはしのげるのですが、3日間出ずっぱりの人たちは大変です。
時間は午後1時すぎ。
昼飯を食べ終わって、幌獅子はこれから金丸町の御仮屋に向かいます。

matsuri31.jpg

さて、山車の方は中町通り、駅前御幸通り(八間通り)などで演じられ、金丸通りの方には狭いので入りません。

matsuri32.jpg

matsuri33.jpg

石岡囃子も狐・おかめ・ひょっとこなど・・・。

matsuri34.jpg

山車はそのままでは道を曲がれません。
曲がり角で山車の台車の上を回します。
これがなかなか大変なのです。皆で力を合わせて少しずつ回します。

matsuri36.jpg

午後1時半ころから今年の年番町である「金丸町」(旧名)の御仮屋で還幸祭が執り行われました。

御仮屋(鈴の宮神社の横)付近では神輿の担ぎ手から神官、祭りの役員、供奉行列の関係者や、それに続く幌馬車が集結し、見物客もたくさん集まりました。

matsuri37.jpg

これから御仮屋の中から本神輿を手前に引き出し、飾り付け、お祓いを終えて、花火の合図(2時)に行列が出発となります。

matsuri38.jpg

役員と年番引き継ぎの挨拶をします。

matsuri39.jpg

供奉行列の太鼓は年番(今年は金丸町)の男の子が担当するようです。
一生懸命に練習したのでしょうね。叩き方が決まっています。

matsuri40.jpg

奥の御仮屋の前では、本神輿の飾りつけをしています。
手前は四神旗、唐櫃、巫女などの行列が出発を待っています。

matsuri41.jpg

たくさんある幌獅子の中で2つだけ特別な幌獅子があります。
供奉行列の行く前を先に露払いして行きます。
「土橋町」と「仲之内」です。

獅子も立派です。これは 市の指定文化財となっている土橋町 仲之内の幌獅子の獅子です。
今は出発前ですので台の上に休んでいます。
出発すると獅子舞が始まります。
(通りすがりさん、ご指摘ありがとうございました。)
(県指定の土橋町の幌獅子は下の写真です)
tsuchihasi.jpg

matsuri35.jpg

今年の年番町の金丸町の山車の上に載せる人形は「弁財天」です。
雨乞いの神様として五穀豊穣の神様ですね。
上野の不忍池の脇にも弁財天が祀られていますよね。
でも財を成す神様として商売繁盛の神様でもあるのだそうです。

金丸町の会所に飾られていた昔の弁財天人形は「古川長延」作となっています。
説明によれば江戸時代に日本橋本町外三町が所有していたものを江戸型山車とともに、大正11年に金丸町で購入したものだそうです。

sasara01_20120917170358.jpg

さて、初日と最終日の神事の時しか見られない「富田のささら」があります。
還幸祭の行列の先頭を走ります。
出発前には台の前に飾られて、みんな記念撮影です。
でも後ろからは隠れているのでこの場所にいないとこの記念写真は撮れません。

sasara02_20120917170358.jpg

約300年以上前から続いているとも言われるこの「ささら」ですが、茨城県のささらは東北の「鹿踊り」などとも同じような発展を遂げてきたのだと思いますが、違いはこの鹿(獅子)の中には人は入っていません。
「棒ささら」といって、後ろからこの下に入って中の棒を持ってくるりと回したりします。
その動きがとても面白いのです。

sasara03_20120917170358.jpg

獅子は全部で3匹で、「老獅子」「若獅子」「女獅子」です。真ん中が女獅子で角がありません。
黒漆が塗られ、目や歯は金箔。のど部は軍鶏(しゃも)の羽で覆われています。

sasara04.jpg

さあ、いよいよ出発の2時です。ささらは上の台の上に乗せられます。棒がついているのがわかりますね。

sasara05.jpg

3匹がこの台車の上で太鼓の音に合わせてくるりと回ったりします。

sasara06.jpg

このささらが行列の先頭です。
真っ先に行く先を露払いして走り抜けます。
「ヤタガラス」のマークが描かれています。
神話に詳しい方はお分かりですね。神武東征で大和に入るときに道案内をしたカラスです。
サッカー協会のシンボルマークでもありますね。

oshaitai.jpg

では最後にお約束の「おっしゃい隊」を。 この写真のみサムネルです。

写真が多くなってしまいましたね。
祭りはこれで終わりです。
明日からは普通の記事に戻りたいと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

石岡のおまつり | コメント(14) | トラックバック(0) | 2012/09/17 18:40
コメント
No title
こんばんは。
いろいろ用事があって今日1時過ぎにやっと行きました。ただよくわからないので山車の後をついて行ったり、お囃子を写して4時半ごろまでいました。本当は神社まで行きたかったのですが、行事の内容もよくわからずに行ったので仕方ありません。もっとRomanさんの書かれたパンフレットを見ていけばよかったです。
写真の整理が大変なので今週末から載せると思います。よろしく。
troyさん
今晩は。

> いろいろ用事があって今日1時過ぎにやっと行きました。

今日こられたのですね。どこかですれ違ったかもしれませんね。
私は1時間ほどしかいなかったし、カメラマンが多くて全くわかりません。

> もっとRomanさんの書かれたパンフレットを見ていけばよかったです。
> 写真の整理が大変なので今週末から載せると思います。よろしく。

地元の利で、前に行事を理解しようと追いかけたので、大体は頭に入っています。
お祭り見物の人はわからないですよね。

祭りの楽しみ方は色々有り、行事など気にせずに楽しんでいただければいいですよ。

写真がUPされるのを楽しみにしています。
私の方は、祭りは本題でないので、元の記事に戻ります。
No title
おなじ時間帯にみんないたんですね!
頭にモカ君マークでも付けておけばよかったかな(^^ゞ
kurokenさん
今日来たんですか?

モカくんは連れてくられないからわからないです。
カメラマン多すぎでわからないです。

私は考えもせず写真もチャカチャカと撮ってすぐに次に移動します。
それに暑いので歩くのも億劫で、狭い路地を通り抜けたりしました。

UPしていない撮った写真に写っているかもしれませんね。
No title
v-4243日間すべて臨席されてたのですね、凄い!!
いまだかつて最終日の還幸祭の様子は見たことがありませんでしたので、記事を拝見できて嬉しいです(≧≦)
富田のささらは初日と最終日だけのお披露目だったのですね。道理で会えないと思いました(笑)
最後は綺麗ところで”締め”ですか、粋な演出ですね

初日~最終日と完璧なまでのレポート、大変お疲れさま
でした!
私は2日目だけでしたが、あの混雑で幌獅子を追いかけるのが精いっぱい。とてもブログに掲載できる写真ではなく、記事のアップを見合わせています(笑)
竹千代さん
いつもあちらこちらレポートすごいですね。

> 3日間すべて臨席されてたのですね、凄い!!

そんなことありません。家から歩いていきます。暇ですから。
1時間くらい写真を撮って帰ってきて、シャワー浴びて、遠くで聞こえる太鼓の音を聞きながら
寝ています。
暑さにすぐグロッキーですから。

> 富田のささらは初日と最終日だけのお披露目だったのですね。道理で会えないと思いました(笑)

そうなんです。それもこの行事の時だけです。街中のお祭りには出ていません。
変わったお獅子なので一度見て欲しかったです。

七度半の迎えを受けて、お出ましするという決まりで、出てきても素早く姿を消すのです。
石岡のおまつりも一般にはあまり知られていないのもありますので今度は調べてきてくださいね。

お祭りの写真UPして下さい。

こちらのブログが大変なことになっています。
なんとアクセスランキングで竹千代さんに近づいてしまいました。

これも普段の記事に戻したらきっと元(関東で50~60位)に戻るんでしょうね。

> 最後は綺麗ところで”締め”ですか、粋な演出ですね
>
> 初日~最終日と完璧なまでのレポート、大変お疲れさま
> でした!
> 私は2日目だけでしたが、あの混雑で幌獅子を追いかけるのが精いっぱい。とてもブログに掲載できる写真ではなく、記事のアップを見合わせています(笑)
御無沙汰しております。昨日日帰り致しました。
昔マスヤ前の山車はグルグル回すのがクライマックスでしたが、なくなりました、ま、毎年怪我人出してましたが
、まるぼう問題もありきつきつの運営ですね。時代と割り切るべきでしょうが(^^)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
行徳様
昔を知っていると今のはおとなしくなったと思うでしょうね。
迫力は落ちたように思いますが、少しずつ姿を変えて楽しい街のひとつのシンボルと捉えてもいいのではないでしょうか。

> 昔マスヤ前の山車はグルグル回すのがクライマックスでしたが、なくなりました、ま、毎年怪我人出してましたが

確かに数年前は見たようですが、今年は見た時間も昼間だけだったので見ていないだけだとも思いましたが、なかったのでしょうか。
通りすがりさん
> 茶色の幌の獅子頭は仲の内です。

ご指摘ありがとうございます。
幌の色を逆だと思ってしまっていました。
おっしゃい隊は昨年より更に様式化が進んでいますね。振り付けパターンも増えているような。市の広報でも紹介して欲しいですね。
行徳様
> おっしゃい隊は昨年より更に様式化が進んでいますね。振り付けパターンも増えているような。

おっしゃるとおり。大分パターン化され垢抜けしてきたように思います。
これも好きな人ばかりではないので、昔のイメージを壊すと考える方もおられるでしょう。

わたしはその中間かな?

> 市の広報でも紹介して欲しいですね。

祭りに関しても1)市の広報、2)観光協会、3)商工会、4)NPO
それぞれ別々に動いているようです。
担当者ベースでは交流もありそうですが、組織的にはバラバラです。
このため祭りのコンセプトが見えないですね。
その中で勝手におっしゃい隊は進化しているというところでしょうね。

気のせいかもしれませんが、おっしゃい隊、去年より振り付け高度化しているような。三日間、たった3時間そこそこの為に工夫し、練習しているのですよね。akbよりある意味凄く、希少性高い。なんか勿体無くもあります。
中日の神楽もそうですね。
マスヤ、カギヤ前の山車競演なんて、観光資源として国際競争力あります。
バリのケチャ以上と思います。
ああ勿体無い、(^_^;)
行徳さま
> 気のせいかもしれませんが、おっしゃい隊、去年より振り付け高度化しているような。三日間、たった3時間そこそこの為に工夫し、練習しているのですよね。akbよりある意味凄く、希少性高い。なんか勿体無くもあります。

これは去年よりスッキリしてましたよ。少し垢抜けした感じです。

> 中日の神楽もそうですね。
> マスヤ、カギヤ前の山車競演なんて、観光資源として国際競争力あります。
> バリのケチャ以上と思います。
> ああ勿体無い、(^_^;)

でも段々と知られてくると思いますよ。
中日の十二座神楽は2年前に見たときより明らかに見物客は多かった。

祭りは少しおとなしくなったけれど続けていくにはこれくらいでいいとも言えます。
おっしゃい隊は賛否両論あると思います。
問題はただ騒ぐだけの祭りでは三大祭りと言っていくにはどこかで化けの皮が剥がれる。
これは本当に総社宮の祭りなのかも含め、しっかりとバックボーンを固めることだと思います。


> 前

管理者のみに表示