FC2ブログ

熱田神社の狛犬(潮来市築地)

 潮来市の少し北部に築地という場所があり、ここに熱田神社という古い神社があります。
ヤマトタケルと30人の勇敢な勇者を祀っているという。

ここに大正9年に製作された狛犬が鎮座している。
なかなか格好がいい。

P8030014s.jpg

こちらが口を開けた阿型。
どこかニタニタ笑っているような表情だ。

P8030013s.jpg

こちらが口を閉じた吽(うん)型
今にもとびかかりそうだ。

P8030011s.jpg

P8030018s_201810021712555d2.jpg


熱田神社地図2

この熱田神社は位置的には、とても気になるところにある。
大和民族の多氏(大氏)が、霞ケ浦を渡って潮来(板久)に攻め入った。
そして大生郷(おおうごう)へ進出してそこを自分たちのすみかにした。

この熱田神社にはヤマトタケルとその進出してきたときに大きな功績があった30人の勇者をまつっているという。
地名は築地と書いて「ついじ」と読む。
この名前は功績のあった土地を崇めて「都恵地」と言ったのが、いつの間にか「築地」となったという。
本当のところはわからないが、地形的には高台なので東京の築地のような埋め立てられた土地というのとは異なるだろう。

地図に気になる地名にマルをつけた。

熱田神社の隣りにむかし津知村の第二小学校があった。
水郷潮来のすぐ東に津知村役場があった。
今この津知村役場跡の隣りに二十三夜尊を祀る神社があり、その境内に江戸末期の旧延方郷校の「孔子聖堂」が移されている。
またその隣には、源頼朝が鹿島神宮に戦勝祈願の為に「祈願文」を書いたとされるが、その時に使った硯(すずり)を奉納したという「硯宮(すずりのみや)神社」がある。

この辻から北の大生へ伸びる道は古代の道なのだろう。
辻(つじ)は辻=津知 で通りの港への分かれ道で「津(船着き場)、港)」を知る場所でもあった。

また「古高」(ふったか)なども興味深い地名だ。

潮来・辻と大生を結ぶ道があるが、ここを国道50号線が横切ることになった。
それがちょうどこの熱田神社のところと重なった。
そして立体交差にはなったが、熱田神社の湧水があった「御手洗池」をつぶしてしまうことになった。
そして今はその跡を後世に残すために記念碑と小さな鳥居や、御手洗池、祠などが置かれている。

P8030005s.jpg

P8030006s_2018100217125832f.jpg

P8030008s.jpg


潮来地区 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2018/10/02 18:16

三熊野神社

 北斎や巴水の愛した牛堀に、港から続く山の麓に「三熊野神社」という古びた神社がある。
この牛堀は石岡から銚子に行くときのちょうど中間点にあり、公園の駐車場に時々休憩で立ち寄ることがある。

前にもこの神社も訪れているが、先日も立ち寄ってみた。

P9130010s_201809271511017ff.jpg

港から続く神社の参道が続く。
その先のこんもりした小山は「権現山」といい、上は公園となっており、茨城百景の看板もあり眺めも良い。
桜の時期には花見にもよい場所だ。


P9130011s.jpg

神社は正面の拝殿とその裏に立派な本殿があり、左右に小さな境内社と思われる神社がある。
こちらはどうも稲荷神社のようだ。

P9130015s.jpg

拝殿の裏側の本殿はこのように覆われていて中がよく見えないようになっている。

P9130016s.jpg

格子から覗き込んでみるときれいな彫刻が施されていた。

P9130017s.jpg

何処の神社の彫刻も中国絵画と同じような図柄だ。

P9130013s.jpg

境内には立派な乳根を持つ大イチョウの木がある。
潮来市(旧牛込町)の天然記念物に指定されているという。

P9130021s.jpg

大イチョウの下は銀杏の実がたくさんころがっていた。あまり踏みつけると臭くなってしまうので、そっと歩いた。

P9130024s.jpg

この牛堀や、となりの潮来、西側の永山地区などは常陸大掾(だいじょう)系の行方四頭のひとり島崎氏の領地だったと思う。
島崎氏の城は最近「潮来のアジサイ寺」としてしられるようになった「二本松寺」付近にあり、二本松寺は島崎氏の菩提寺だった。

島崎氏も戦国末期の1591年に佐竹氏による常陸国統一時に南方三十三館の城主がすべて殺されたが、その中の一人だ。

この神社は境内にある大イチョウの樹齢が約350年ほどだというので、もっと後の江戸時代初期だろうか。

この神社では毎年10月に祭礼がおこなわれている。山車が2台に神輿が1台でる。
また麻生や川向うの香取市などの山車も参加するという。

P9130020s_20180927151111d23.jpg

この神社をもう少し調べてみた。
茨城県神社誌によれば、「養老2年、下総国印幡富岡の熊野神社の御分霊を東山に迎祀し、 三社大権現と尊称。 永山の東山日吉山王神社から三熊野神社を当地に移祀。」という。

常陸国風土記に書かれている鳥見の丘の話が浮かんできた。

いったいどういうことか東山日吉山王神社は近くの永山にあるので今度行ってみよう。
もう少しわかったらまた記事にしてみたい。

それにしてもあまりこのあたりも研究されていないようだ。

潮来地区 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2018/09/27 19:59

潮来上戸川コスモス畑と曼珠沙華

 昨日は土曜日でしたが仕事で銚子へ行っていました。
途中潮来の手前にあるコスモス畑を見ていくことにしました。
やはりコスモスの花もいつもより早いのでしょう。

P9220013s_20180923072216675.jpg

この広い敷地にものすごく多いコスモスを咲かせています。
いつもはもう少し花が咲いていたように思いますが・・・・

P9220006s.jpg

でもまだこれから咲く花も多そうです。

P9220005s.jpg

ここは一定の期間花を楽しんだ後は、自由に花を摘んで持ち帰ってもOKなんです。
いつもだと摘み取り自由の日時は10月に入ってからだったと思うのですが、今年はもう自由に摘み取ってくださいとなっています。
そしてそれも10月5日までということで、いつもの年より早いようです。
ただかなり広いのであわてなくても期間内なら摘み取りできそうです。

P9220007s.jpg

そしてそのすぐそばの川の土手にはたくさんの曼珠沙華(彼岸花)が植えられて、音楽も流されていました。

P9220010s.jpg


P9220011s.jpg


いつもと違い休日の交通量は多い所と少ないところがありペース配分が違います。
銚子までは片道90km、約2時間強です。 かかる時間はそれでも普段の日とほぼ同じでした。

潮来地区 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2018/09/23 07:39

北斎や巴水の愛した牛堀

 銚子に行くときにいつも通るが、潮来の少し手前に「牛堀」という地区がある。
いまは潮来市となっているが、川瀬巴水(かわせはすい)はこの地での版画を多く製作している。

もともと霞ケ浦は好きだったようで、作品は多いのだがここ牛堀の版画が多い。

葛飾北斎が富嶽三十六景の中にこの場所から富士山を描いている。「常州牛堀」というが、今ではほとんど富士山は見えないが昔は見えたのだろう。

霞ケ浦の水運や東国三社詣りなどが行われていたときはこの牛堀は風待ち港となり時間つぶしの場所であったようだ。

P9130026s.jpg
(北斎公園)
常陸利根川: この先は潮来、息栖を経由して利根川に合流し銚子に向かう。

常陸利根川沿いに「北斎公園」という細長い公園がある。これも川に敷地を増やして作られたような公園だ。
この川沿いに風待ちの船が停まっていたのだろうか。

江戸末期に吉田松陰は水戸から鹿島に行き、そこから潮来、牛堀まできて船に乗り、息栖を通って銚子の手前の松岸へ行った。
そこから銚子に出てこの国の防衛の手薄さを嘆いた。

牛堀の夕景
(川瀬巴水の牛堀の夕景)

P9130027s.jpg
国道51号線の橋(北利根橋):右が鹿島から水戸へ、左は佐原(香取)から成田・千葉へ 橋の向こう側は霞ケ浦。

P9130028s_201809200800110ff.jpg
対岸の水門 ここから利根川へ横利根川が流れ、運河の役目をしている。
船はここから水門を通って利根川に行ける。 利根川手前には有名な煉瓦造りの横利根閘門がある。


P9130025s.jpg
葛飾北斎の描いた富嶽三十六景の版画をデザインしたマンホール

常州牛堀
(葛飾北斎の常州牛堀)

船の船頭は船で寝泊まりして、早朝に、川の水で米をといでいた。
こんなところから富士山が鮮やかに見ることができたのだろうか。


潮来地区 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2018/09/21 06:32

冨田のささら

 今年は石岡のおまつりの人出が最高だったとか・・・
でも最終日に少しぐるっと1周しただけで帰ってきた。

冨田町の会所に立ち寄ると新しい「ささら」が飾ってあった。

P9170019s.jpg

3匹の獅子だが、頭の髪の毛は軍鶏の羽根で覆われ、老獅子・女獅子(娘獅子)・若獅子の三匹獅子の違いは頭の角の形が違います。 女(娘)獅子には角がありません。

このささらは祭りでは開始の先頭に立って現れるとすぐに消え去ってしまいます。
それも「七度半の迎えをうけて出る」というもので、祭スタートの行列の先頭を山車に乗って動きます。
しかしすぐにいなくなってしまいます。そのことを知っていないと見過ごしてしまうかもしれません。

また、山車や神輿のようび街中に繰り出して踊ることはまずありませんので見たことがない人も多いようです。

この姿は前に記事にしたときの物を参照ください。 ⇒ こちら

P9170022s.jpg

この太鼓も手も作られたものですので人の手ではありません。
まるで、人がかぶって手を差し入れて太鼓をたたきそうですよね。

P9170024s.jpg

実は操作する人が黒子(実は白い衣装)のように後ろに立ち、獅子人形の真ん中にある太い竹の心棒を操作して踊ります。

上下に動かしたり、棒をくるっと1回転したり、かなりトリッキーな動きをします。

P9170025s.jpg


P9170026s.jpg

なかなか不思議な、不気味な顔立ちですよね。

これは会所に今年から飾られた新調されたささら獅子ですが、祭りに使われているのは今年もまだ昔の物のようです。

このささらについては別な時に撮ったもの ⇒ こちら も参考にしてください。

「ささら」の言葉は、竹を割いて何枚も縄でつないだ神楽などで使う楽器の音などが語源のようです。
またこれは食器や鍋を洗う時に使ったという話しもあり、五穀豊穣を願うシンボルのような意味合いがあったようです。

関東から東北方面に「ささら舞」が伝わっていますが、この棒を回して踊る形式の「棒ささら」は茨城県の南部だけかもしれません。
茨城県北部は鹿踊りなどと同じく、獅子人形を頭からかぶって人が踊ります。

秋田などに佐竹氏と共に伝わったと思われるささらも同じように人が中に入って踊ります。

石岡のまつりや、柿岡の祭りなどで登場するささらはこの棒ささらです。
三村地区などでもおなじようなささらがありましたが、この冨田町のささらの方が古いかもしれません。(もしかしたら室町時代末期まで遡るのか・・・・はっきりしません)

江戸時代の後半の6月頃に行われていた中町にあった天王社(のちの八坂神社となり総社宮に合祀)の祇園祭に富田町(旧馬之地町)の出し物として登場していました。この天王社のお祭りに各町内がいろいろな出し物を出していたのです。

総社宮の祭りとしては明治35年にこの祭りが復活し、いろいろな要素を加味して総社宮の祭りとして創設されました。その時にささらは祭りの山車の先頭を行くものとして登場しました。

石岡のおまつり | コメント(0) | トラックバック(0) | 2018/09/20 05:54
« Prev | HOME | Next »