麻生藩家老屋敷

 行方市の中で麻生は江戸時代に麻生藩で新庄氏が治めていた。

小学校にの隣に家老の屋敷(畑家)が残されている。

ここには前に見学に訪れているが今回は門は閉まっていた。
(前回来た時の記事は ⇒ こちら

開放されるのは木曜~日曜だそうだ。



P3130014s.jpg

こうして梅の古木と藁葺の家も風情があってよい。

P3130013s.jpg

麻生藩のまわりは皆水戸藩の所領であったので問題は無かったのか?

新庄氏は江戸時代ほとんど変わらずに続いているが、調べてみると3万石から一時は7000石までなり、その後1万石で藩に復帰している。

P3130009s.jpg

P3130011s.jpg

麻生 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/03/16 20:57

子安地蔵尊(香取市高萩)

 先日小美玉市の東端 倉数にある高木神社が千葉県香取市の山倉大神と関係していると知って、今回銚子に向かう途中で立ち寄ることにしました。

地図を見てみると小見川から府馬の大クスの方に行ったあたりなので、あまり調べていないのでカーナビに任せていくことにしました。

するとナビは佐原の「舟戸」の信号から匝瑳市の方に曲がれという。

佐原の観福寺を過ぎて、大根の切手神社や頭白上人の入定塚など昔訪ねたところを通って、途中から見知らぬところへ案内されていきました。

途中気になる建物が目についたので車を停めて寄り道します。

なかなか見知らぬところで変わった建物などを見つけるとその歴史などを後から調べるのですが、ここは何も書かれたも野が見当たりません。

そのうちに何か思い当たることが出てくることもあるので記事に残しておくことにしました。


P3130021s.jpg

場所は香取市高萩という地区です。
道路に沿った少し高台にお堂がありました。

P3130016s.jpg

「子安地蔵尊」と扁額に書かれています。

でも裏に墓があり、少しこんもりとしているので見た感じは古墳ではないかと思います。
近くにいくつか有名な古墳(大塚古墳)もありますので、小さいですが古墳の上に建てられた社の様に見えます。

P3130017s.jpg

何故この場所にこのような地蔵尊が単独であるのか?
この前の道を曲がって200~300m進んだところに地図を見ると「薬王寺」(天台宗)と書かれたお寺があります。

関係があるかどうかはわかりません。

ただ切手神社のある大根地区などは物部族という話も聞きました。
また香取神宮の摂社である「返田(かえだ)神社」なども比較的に近いです。

常陸国などから見るとやはり不思議に感じる地域です。

小見川・東庄 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/03/15 20:04

春はそこまで

 昨日は銚子まで行ってきましたが、寒くて天気も悪く途中で少し雨も降る日でした。

でもやはりこちらの方に来ると春はもうそこまで来ていると感じます。

P3130105s.jpg

小見川から少し入ったところにある旧山田町(現香取市)山倉の観福寺にて。

P3130107s.jpg

くりもと(旧栗源町)などを回って銚子へ。
途中川沿いには菜の花も咲き誇っていました。


近況 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/03/14 22:07

金のなる木に花が咲いたが・・・

 我が家の玄関に放置していた「金のなる木」がいつの間にか花が咲いた。
それもまさに花盛り。

今まで見たこともなかったが今年は花が咲いた。

それにしても金欠は変わらない。

もう少し待てばよいことが起こるかもしれない。

P3120001s.jpg

写真を撮るために外に出したが、水もやらずに放っておいたのが良かったのかもしれない。

P3120003s.jpg

良いことが起こりますように!

明日は銚子に出かけます。

近況 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/03/12 21:37

もう6年。まだ6年。

あれから6年

痛みは時間と共に薄れていくもの

そうでなければ心が壊れるから

でも忘れてはいけないこともある

1000年に一度の大津波

人々を飲み込んでいった

思い出も、ふるさともすべて変わった

涙こらえて空を見上げる

1024-768-2.jpg


名もない花はありません

あなたが知らないだけなのです。


昔、YouTubeにも載せた

「名は愛しきもの」 ⇒  こちら 





近況 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/03/11 08:21
« Prev | HOME | Next »