FC2ブログ

ウミガメと神社

 銚子の屏風岩の南側の海岸などでもウミガメの産卵する砂浜があるという。
四国の日和佐海岸のようにたくさんのウミガメが産卵するほどでは無いようだが、毎年のようにあまり人のいかない同じ浜で卵を産むようだ。

また銚子の漁師の間では昔からウミガメに遭遇すると大変縁起が良いとされ、こんな話が伝わっている。

<亀のまくら>
漁師が船を出しているとたまに沖に浮かんでいる浮き木にウミガメがつかまって休んでいることがあるとという。
これは大変縁起が良い流木とされ、船には別な木をいつも積んでいて、亀の休んでいた流木を回収し、代わりに持ってきた木と交換するという。

この流木を「亀のまくら」と呼び、亀のように長生きができ、子孫繁栄を願って神社に奉納するという。

またウミガメが死んで浜に流されてきたときには、丁寧に神社に墓を掘って埋めて供養するという。

さて、私がこの話に興味を持ったのは、銚子で天狗湯の跡地を探していたときに見つけた一つの神社を後から調べていて初めて知った。

それは川口神社と和田山不動尊のちょうど中間くらいの山の中にポツンと建てられていた「御嶽神社」という神社です。

この神社はどうやら「御嶽丸」という船の持ち主である「西広家」が建立したものらしい。
西広家は和歌山から出てきて、金貸しで土地を手に入れ、この御嶽山を信奉していたため、持ち船の名前も「御嶽丸」と名付け、「治郎吉」の屋号で船主、およびイワシの缶詰工場で戦前には大きくなっていったようだ。

この御嶽神社にもう数か月前に立ち寄っていたのだが、簡単に立ち寄った程度で調べてから先日また行きたくなり立ち寄った。

P9300023s.jpg

西広家の裏山の奥、住宅街から竹藪を切り開いたように神社への参道続いている。
しばらく前まではこのような舗装はされていなかったようだが、今はきれいになっていた。

P9300024s.jpg

鳥居の奥にお宮が一つポツンとある。

P9300030s.jpg

お宮の手前には治郎吉漁業の西広秀行 (御嶽丸)の施工主名碑が置かれている。
ただこの石碑は比較的新しそうだ。

P9300032s.jpg

神社名は「御嶽山」

P9300033s.jpg

祭られているのは、国常立尊、大己貴命、少彦名命の三柱であるが、元々御嶽神社は山岳信仰(修験道)の神である「蔵王権現」がこれらの日本古来の神と習合したものである。

明治維新後は蔵王権現が表面から消えてしまったものと理解している。

西広家は天狗少年寅吉とのかかわりなどもあり、やはりこの修験道信仰があったように感じる。
この大きな石碑は明治三年のもので、ちょうどそんな時期とダブるようだ。

P9300034s.jpg

裏には「御神歌」が彫られ、西広治郎吉の銘がある。

P9300035s.jpg

さて、この神社の参道横の竹やぶの中に大きな石碑がいくつか置かれている。
これはすべてウミガメの墓である。

P9300026s.jpg

「海神亀之霊 御嶽丸」  船主や、乗組員の名前も彫られている

P9300025s.jpg

「神愛亀之霊 (大正三年)」

P9300027s.jpg

「大海亀之霊」

やはりかなりの海亀信仰が続いているようだ。

銚子 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019/10/02 23:04

潮来長勝寺も秋の気配

 月曜日に銚子へ出かけた時、また源氏ゆかりの長勝寺へ立ち寄ってみました。
こうして季節それぞれに立ち寄るのも趣が異なって良いお寺です。

P9300014s.jpg

今は萩の花が咲きだしていました。風に揺れて・・・・

P9300015s.jpg

この大きな藁ぶき屋根の本堂はとても立派なのですが、9月にきた台風で屋根は少しいたんだようです。
また本堂の左右の板が新しくなっていますが、台風直後に訪れた時は両側とも板が破損していましたので修理したようです。
屋根のマークは源氏の「笹竜胆(ささりんどう)」です。

P9300017s.jpg

参道わきには今は彼岸花が咲いていました。

P9300019s.jpg

潮来地区 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019/10/02 18:12

上戸川コスモス畑(潮来)

 今年も潮来の上戸地区でコスモス畑が公開されています。
ここは毎年広大な敷地にコスモスの種をまいて、一定期間が過ぎると摘み取り自由になります。

P9300009s.jpg

摘み取り開始日はその年により異なり、今年は10月13日からです。

約6ヘクタールの土地に一千万本程のコスモスの花が咲くそうです。

P9300003s.jpg

でも見ているといつもたくさん摘み取られずに残っています。
半分も摘み取られていないのではないかと・・・・・・。

昨年はコスモスの生育不良でコスモス祭りが中止され、何時でも摘み取り自由だったと思います。
今年は少し遅くなっていますが順調に生育しているようです。

P9300008s.jpg

P9300006s.jpg

場所は潮来アヤメ園より少し手前の常陸利根川土手に近い場所です。
土手沿いには曼珠沙華の花が咲いています。

P9300012s.jpg

潮来地区 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019/10/02 07:26

また銚子を散策してみた

 9月9日の台風の直ぐ後に銚子へ旅をしたが、千葉県がこんなに被害を受けているとは思いもしなかった。
当日は確かにあちらこちらで停電で、道路の信号もかなり消えて混乱していたが、意外にスムーズに移動できたし、そのうちに点くだろうと安易に考えていた。

被害は行方、波崎、香取、東庄などではあちらこちらで被害が散見されたが、銚子は停電も一部で、犬吠埼などまったくいつもと変わらなかった。
ただ君ヶ浜沿いの道路は砂浜からの砂が道路一面に数センチから数十センチ位積もっていて、その上を車がゆっくりと走っていた。

今回は停電で打ち合わせが延期となったための変更日での仕事の打ち合わせに行った。
仕事先はそれでも2日間停電して仕事がストップした。

少し早めに家を出て、真っ直ぐ銚子に向かったが、思ったより早く到着してしまい、銚子港に着いたのは午前11時前。

P9200006s_20190921185720c94.jpg

銚子港は穏やかな天気のためか、船溜まりにはあまり漁船は停まっていなかった。
まあ朝早くは結構停まっていたのかもしれない。
前回は台風であったため船も出航せずたくさんの船が停まっていた。

いつもはこのあたりでランチを探すのだが、11時前ではあまり開いている店も少ない。
ランチ営業は11時半くらいからのところが多い。
もちろん朝からやっているところもあるが・・・

ではということで少し足を延ばして犬吠埼の方に行ってみることにした。

前回は海岸沿いを走ったが、犬吠温泉へは県道を直接行った方が早い。

目指すは「ホテルぎょうけい館」
ここは景色が良いのと岩場からの犬吠埼灯台の眺めが良いので好きな場所だ。
またホテルの中のレストランでランチもやっているのを知っていたからでもある。
これから仕事がなければのんびり温泉も浸かれる。 
午後3時までなら1000円のところを3割引券がありネットで印刷していけば格安だ。
またほとんど利用者も通常はいない。

 ぎょうけい館でのランチ記事は ⇒ こちら

ホテルの前の岩場にはこの景色を描く絵画サークル10人以上が思い思いの場所で熱心に絵を描いていた。

P9200007s_20190921185708b5c.jpg

ここからの犬吠埼灯台が一番恰好が良いように思う。 
天気は良かったが風があり、岩場に波も時々押し寄せていた。

P9200020s.jpg

P9200021s.jpg

P9200022s.jpg

P9200024s.jpg

ホテルに着いたのが11時15分頃で、フロントに聞いてみたら。ランチは11時半からだという。
確かに泊り客の食事がかたずいてから昼の準備をするのだろう。

それまでの時間はホテル前の波の打ち寄せる景色をのんびり眺めていた。
確かに波を見ているのは飽きない。一日でも見ていられる 同じ波が来ないからか?
考え事をしていても何故か波を見ているとそれも忘れて無になれるような気がする。

P9200016s_20190921185657fe0.jpg

まだ午前中のため、右手の海は太陽の日差しがキラキラ波を輝かせていた。
「光る海」だ。
別れた妻と銚子にやってきた竹久夢二も「光れる水」というタイトルの絵を描いていたはず。

光れる水
(竹下夢二の「光れる水」 )

またこのホテルは明治7年の創業で伊藤博文の直筆の書なども展示されている。
中でも高村光太郎が大正元年に長沼智恵子と出会い、「智恵子抄」の創作が生まれた場所と言われています。

その他 尾崎紅葉、田山花袋、吉田絃二郎、巌谷小波、舟橋聖一、岡倉天心、高浜虚子、若山牧水、国木田独歩、島崎藤村、臼井大翼、前田夕暮、大和田健樹などの文人が宿泊しているようです。
毎年元旦の日の出を見る時は予約が殺到するようです。

普段はこうしてランチや日帰り入浴(11:00~15:00)も気楽に楽しめますので一度訪れてみてはいかがでしょうか。

P9200043s.jpg

国道126号線にでるため、地球の丸く見える展望台のある上の道「銚子ドーバーライン」を走った。
ここは東洋のドーバーと言われる屏風岩の上を走る眺めの良い道だ。

先日は夕方になってしまい岩肌が見られなかったが、今回は目の前に広がって見えた。
なかなか雄大である。
展望台も360度見渡せるのでお勧めだが、銚子市内などで割引券などがお店などに置かれているのでそれを以て入館した方がわずかだがお得だ。
私は前に見ているので今回はパス。


銚子 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2019/09/21 20:26

祭も終わり・・・・

 「石岡のおまつり」も終わり漸く街も静かになった。

この石岡という町は他に何もないのか?

久し振りに昔作った石岡のHP(1300年の歴史の里石岡ロマン紀行)などを見ていた。

ここ何年も更新していないが・・・
もうHPの造り方もだいぶ忘れてしまったが、また復活してもいいと思うようになった。

「ふるさと風の会」に会報などを毎月UPしているが考えてみればよくやってきたとも思う。これから先に何をどのような形で発信していくのかも少し考えてみよう。

スライドを昔作ったものを紹介します。

  ⇒ 古都石岡への誘い

近況 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2019/09/20 05:35
« Prev | HOME | Next »